厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

認知症啓発活動 Tシャツ作製に支援募る

社会

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
昨年のやまびこマラソンでの啓発活動の様子
昨年のやまびこマラソンでの啓発活動の様子

 若年性認知症(65歳未満で発症した認知症)の当事者や家族らの交流の場を設け、支援活動を行っている「そらとうみとたいようと」の会が協賛金を募っている。

 同会は11月に清川村で行われる「清川やまびこマラソン」の会場で啓発活動を予定している。認知症の啓発カラーでもあるオレンジ色のTシャツを作製し、趣旨に賛同してくれる参加ランナーに配布するためTシャツ作製費用15万円(1口1万円)を募るもの。「認知症になっても今まで通りの生活ができる地域づくりを実現したい」と同会リーダーの幸田裕介さん。支援者の名前はTシャツ背面にプリントされる。支援できる人は幸田さん【携帯電話】080・7763・1232へ。

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

あっとほーむデスク

商業者支援に引き続き尽力

商業者支援に引き続き尽力 経済

(一社)厚木市商店会連合会会長 齊藤 裕

1月22日号

譲り合いの心で交通事故防止

譲り合いの心で交通事故防止 社会

厚木警察署管内交通安全協会会長 笹生準一

1月22日号

更なる活気を作り出す商店会に

更なる活気を作り出す商店会に 社会

あいちゃん商店会会長 高橋和仁

1月22日号

コロナに負けないよう会員一同力を合わせて

コロナに負けないよう会員一同力を合わせて 社会

厚木市全国県人会連合会会長 野澤 浩

1月22日号

農業・地域に欠かせないJAを目指して

農業・地域に欠かせないJAを目指して 社会

県央愛川農業協同組合代表理事組合長 馬場 紀光

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク