厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

厚木市ふれあいプラザ 再来年8月に一時閉館 建替えで機能向上へ

社会

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
1990年にオープンしたふれあいプラザ
1990年にオープンしたふれあいプラザ

 再整備が予定されている厚木市ふれあいプラザ(厚木市金田)の、建替え時期がこのほど発表された。工事期間は2021年9月から23年6月まで。この期間、施設は一時閉館となる。

 ふれあいプラザは、1990年に完成。施設には3種の温水プール、トレーニングマシーンが設置された健康ルーム、浴室、大広間などがある。一日の利用者数は延べ500人前後で、年間を通して約14〜15万人が利用している。これまでに大規模な改修工事を行っていないことや、市営水泳プール(厚木市厚木)が将来的に廃止となる予定のため、その受け皿として、機能の維持、向上が必要とされてきた。

 そのため、厚木市スポーツ施設整備推進計画において、25年に稼働が予定されている新ごみ中間処理施設の整備にあわせて、再整備の準備が進められている。

 今回発表された建替え工事のスケジュールによると、工事前の市民利用は21年8月まで。建替え後のオープンは23年7月を予定している。「22年以外は、利用者の多い夏休みに工事が重ならないような予定となっている。ご理解いただければ」と市環境事業課の担当者は話す。

流水プールを新設

 今回の建替えでプールは、「泳ぐ・歩く・遊ぶ」という3つの要望に応えるため、25mプールで水泳用6レーン、歩行者用2レーンのほかに流水プールが整備される予定。トレーニング室も現状から1割程度広くなるほか、ヨガ教室などに利用できるスタジオも新設される。同課では「浴室など、ほかの設備も今のニーズに合わせて新しくなる。多世代の市民に利用してもらいたい」と話す。

 さらに、新たなごみ中間処理施設の余熱を利用して発電。災害時でも浴室で温水が利用できるなど、非常時の地域の避難場所として役割を果たす。整備の具体的な実施方針は10月末に策定する予定だという。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

複合施設整備へパブコメ

厚木市

複合施設整備へパブコメ 社会

市庁舎移転など含む計画案

11月8日号

地域活性に貢献し500回

にぎわい美化清掃

地域活性に貢献し500回 社会

12年で7500人が参加

11月8日号

外国籍住民に「出前講座」

愛川町

外国籍住民に「出前講座」 社会

新規事業で地域を解説

11月1日号

小・中全36校に屋外AED

厚木市

小・中全36校に屋外AED 教育

災害時、一般開放時に備え

11月1日号

「継続でゴミはなくなる」

森の里クリーンサークル

「継続でゴミはなくなる」 社会

地域の美化活動で10年  

10月25日号

ISS(インターナショナルセーフスクール)4回目の認証取得へ

東名中が開校50周年

東名中が開校50周年 教育

資料から「お宝」見つかる

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク