厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

ZOOM UP 「面が好き。胴は少し難しい」 外国人剣士 モーテンセン・ハドラさん(38)

スポーツ

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena
竹村指導部長を相手に、竹刀の振り方を練習するハルさん
竹村指導部長を相手に、竹刀の振り方を練習するハルさん

 ▽「メーン」「コテー」。竹刀の交わる音と共に大きな声が響き渡る。厚木市立毛利台小の体育館で、週に2〜3回の練習を行っている毛利台青少年剣道クラブ(中野清延会長)。子どもから大人まで多世代の剣士が竹刀を振るう中で、ひときわ目立つ外国人剣士がいる。剣道歴約1年、北欧の国・フェロー諸島出身のモーテンセン・ハドラ(愛称・ハル)さんだ。

 ▽ハルさんは、日本人の妻と子ども4人の6人家族。「子どもの教育や日本語の勉強のために」と2年ほど前から家族揃って日本で生活している。「日本語は難しい」と顔をしかめるが、「言葉が通じなくても、みんなが親切にしてくれる。生活しやすい」と、日本での生活は「好き」と言う。職業は宣教師。これまでにナイジェリアやイギリスなど、さまざまな国で生活してきた。日本に来て、武術を習いたいと調べたところ、自分の住んでいる地域の人たちと交流が持てると、自宅から近い同剣道クラブで剣道を始めた。

 ▽「どんどん上手になるから楽しい。面が好き。胴は少し難しい。先生も親切」と笑顔を見せる。同クラブで指導部長を務める竹村志保美さんは「素質が良い」と太鼓判を押す。説明がわからない時は、見せて教えるほか、剣道の和英辞典を引いて説明する。この日は、手の動きや竹刀の振り方などの基本練習をこなした。来年2月には、級審査に挑戦するつもりだ。「しっかり稽古してクリアしてほしい」と期待を込める竹村さん。練習を終え「楽しいね」と話すハルさん。目標に向かって今日も竹刀を振るう。

フェロー諸島出身のハルさん
フェロー諸島出身のハルさん

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

束の間の「白銀」

束の間の「白銀」 社会

関東各地で積雪

1月14日号

昇格戦初戦に勝利

はやぶさイレブン

昇格戦初戦に勝利 スポーツ

次戦は23日に保土ヶ谷で

1月14日号

漂着した「軽石」展示

郷土博物館

漂着した「軽石」展示 文化

友好都市・糸満市が提供

1月14日号

のむらうこさん原画展

のむらうこさん原画展 文化

絵本の素材や道具なども

1月14日号

あなたのそばに「社協」

厚木市社会福祉協議会

あなたのそばに「社協」 社会

会長 山口泉

1月14日号

豊かな心で誰もが住みたいまちづくりを目指して

厚木市自治会連絡協議会

豊かな心で誰もが住みたいまちづくりを目指して 社会

会長 宮田幸紀

1月14日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook