厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

厚木市酒井地区 新産業拠点創り本格始動 組合設立 都市計画も決定

社会

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena

 新たな産業拠点として注目されている厚木市酒井地区の土地区画整理事業について、9月13日付けで土地区画整理組合の設立が認可され、同地区に係る都市計画決定もなされた。事業施行期間は、2026年3月31日までとなっている。

 酒井地区は市が2009年3月に策定した都市マスタープランで、南部産業拠点として将来の都市的な土地利用を検討する「土地利用検討ゾーン」に位置付けられている。

 土地区画整理事業は、厚木市の南の玄関口となる同地区に産業機能の立地集積を誘導。同時に東名高速道路厚木ICと新東名高速道路厚木南ICに近接するなど広域交通の結節点に相応しい産業拠点の形成を図るもの。酒井、下津古久、愛甲の一部が対象となる。

 2010年8月に地権者組織を設立。以降、事業の実施に向けた検討、準備とともに、関係機関協議等の都市計画手続が進められてきた。厚木市酒井土地区画整理組合の設立認可については、今年6月3日付けで申請がなされ、都市計画決定等に合わせて9月13日付けで認可が下りた。地権者数は142人(6月現在)。

 都市計画決定では、同拠点約27・7ヘクタールを市街化調整区域から市街化区域に変更、用途地域を暫定的に工業専用地域に指定、地区計画の決定など計7件の決定・変更がなされた。

完成は2026年3月末

 同拠点の土地利用検討ゾーンの総面積は約130ヘクタール(東京ドーム約28個分)。このうち今回の施行地区は約27・6ヘクタールとなる。総事業費は当初約87億円とされていたが94億円に、また、施工期間も2024年度の完成をめざすとしていたが、2026年3月末までになるという。

 市まちづくり推進課によると、「細かく調査、検討を進めたところ、材料費などを見直し増額となり、期間も延びる結果となった」と話している。
 

株式会社アイネックス

屋根・壁で困ったらお電話を!0120-200-844

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

オンライン授業を導入

大学専門学校

オンライン授業を導入 教育

コロナ禍で学びのあり方模索

5月22日号

ロボコンコース常設へ

コロナに負けない

ロボコンコース常設へ 社会

MANOI企画 支援を募る

5月22日号

PCR検査センター開設

PCR検査センター開設 社会

早期把握で拡大阻止へ

5月15日号

コロナ対策に11億円追加

厚木市

コロナ対策に11億円追加 社会

市民生活、経済を支援

5月15日号

連休はステイホームで

連休はステイホームで 社会

厚木・愛川・清川まとめ

5月1日号

#ステイホームを応援

日産自動車(株)テクニカルセンター

#ステイホームを応援 教育

「ぬりえ」をHPで配信

4月24日号

”生きる力”は友だちから

10月1日(火)運動会(幼稚園園庭にて)9:15~、見学はいつでもできます

http://www.showa-kinder.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク