厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

ZOOM UP ワクワクして観に来て 市民ミュージカルに最多出演する青沼亜沙美さん(34)

文化

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
市民参加ミュージカル『白雪姫』12月15日(日) 開演午後2時30分会場 厚木市文化会館大ホール公演チケット(全席指定)発売中S席一般 1,100円/小学生以下600円A席一般  800円/小学生以下400円チケットは厚木市文化会館チケット予約センター、有隣堂厚木店、本厚木駅観光案内所、(社)厚木市観光協会などで取扱い
市民参加ミュージカル『白雪姫』12月15日(日) 開演午後2時30分会場 厚木市文化会館大ホール公演チケット(全席指定)発売中S席一般 1,100円/小学生以下600円A席一般  800円/小学生以下400円チケットは厚木市文化会館チケット予約センター、有隣堂厚木店、本厚木駅観光案内所、(社)厚木市観光協会などで取扱い

 ▽1996年から厚木市で始まった市民参加ミュージカル。小6から参加し、今回で12回目の出演となる青沼亜沙美さん(厚木市毛利台)は、「ミュージカルの楽しさを伝えたい」と目を輝かせる。上演するのは『白雪姫』。青沼さんは七人の小人の一人、「ドン」を演じる。「おこりんぼうで、みんなのまとめ役。でも小心者なんです」と役の魅力を語る。

 ▽12月15日(日)の本番へ向け、練習にも熱が入る。小学3年から70代まで、出演者は45人。全員公募で選ばれた。その経験からリーダーに抜擢された。「初めての参加者が多いので新鮮。舞台へ向け“頑張ろう”と団結してきた」とリーダーの顔。「監督に課題を指摘され落ち込むときもあるけど、舞台が終わって後悔したことはないんです。ミュージカルは活力」といきいきと話す。

 ▽高2のとき、市民ミュージカルで出会った7人で劇団を立ち上げ、演劇の世界にのめり込んだ。下北沢や新宿で公演するなど、精力的に活動したが、短大を卒業後、就職を機に退団。現在は2年に一度の市民ミュージカルに参加することを楽しみにしている。普段は保育士として働く。小学生が大学生になったり、結婚して出産したりと、職業柄か「みんなの成長を見守っている感じ」と笑う。平日の仕事に加え、週末の練習とハードな日々だが、「前回の練習よりも良い演技を」と、出勤の車の中でひたすらセリフの練習をしている。「車は小さな稽古場」とはにかむ。「どんな役でも、記憶に残る演技ができれば。ワクワクした気持ちで観に来てほしい」と呼びかけた。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

スポーツ振興に役立てて

スポーツ振興に役立てて スポーツ

市GG協会が寄付

7月3日号

穢れを払い、無病息災願う

穢れを払い、無病息災願う 文化

大山阿夫利神社

7月3日号

今年の七夕展示は中止

古民家岸邸

今年の七夕展示は中止 文化

邸内の見学は可

7月3日号

「安心・安全・健康」第一に

「安心・安全・健康」第一に 教育

厚木市立南毛利小学校の取り組み

7月3日号

大・小ホール利用再開

大・小ホール利用再開 社会

厚木市文化会館

7月3日号

地下道で写真展

地下道で写真展 社会

フォトグループあゆ

7月3日号

幸せつなぐ 相続勉強会

基礎知識から応用事例まで、相続全般が学べます

https://fsouzoku.jp/seminar/

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク