厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

愛川町農友クラブの会長を務める 原田 融(とおる)さん 愛川町角田在住 31歳

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena

行動力が道を拓く

 ○…30代から60代の幅広い年代の農家15人で組織する愛川町農友クラブ。JA県央愛川の農産物直売所で行われる初の交流イベントには、同クラブから多くの会員が参加する。当日は、生産者の農家が野菜作りのこだわりや愛川産野菜の魅力を直接消費者に紹介する。「どんなお客様と出会えるか楽しみ」と、期待に言葉を弾ませる。

 ○…奈良県出身。大学は農学部だったが、遺伝子組換えの研究が中心で農家は目指していなかった。就職活動でも商社などが候補だったが、偶然テレビで紹介された農家に視線が止まった。「単純にカッコいいなと思って」と、農業を志したきっかけを振り返る。思い立ったらすぐ行動。各都道府県の農家に直接電話で交渉し、ホームステイで様々な現場を知った。大学卒業後は高知県の土佐自然塾で2年間有機農法を学び、同塾の卒業生で、既に愛川で農業を行っている先輩のもとで更に2年間修業した。

 ○…現在は「Organic Life Vegele」代表として、同町三増の畑で30品目を栽培する。独立の時、就農地は故郷の奈良県と愛川町で迷ったが、愛川の土に惚れ込み、この地を選んだ。同クラブ会長に抜擢されたのは今年4月から。年代や生産物が違っても、会員たちの農業への情熱は同じ。「方向性が違っても、互いに尊重し合うからこそ、活発な意見が出る」とクラブの雰囲気を語る。「伝統を守りつつ、新規就農者を広く受け入れられる存在であり続けたい」。農業者にとって、地域との絆がどれだけ重要かは、新規就農者である自身が一番よく知っている。

 ○…来春に結婚を控えている。新居を構えたら夫人を最初に連れていきたいのは「自分の畑の一番眺めの良い場所ですね」と満面の笑み。
 

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

吉岡 勝さん

『たんぽぽと太陽』(文芸社)で絵本作家デビューした

吉岡 勝さん

厚木市温水在住 57歳

11月20日号

垣澤 瑞貴さん

映像配信プロジェクトを始動した相模里神楽垣澤社中の神楽師

垣澤 瑞貴さん

厚木市在住 37歳

11月13日号

大橋 雅敏さん

創立35周年を迎えたふれあい自然探鳥会で中心的役割を担う

大橋 雅敏さん

厚木市林在住 68歳

11月6日号

山崎 俊博さん

明日までTobioギャラリーで写真展を開催している

山崎 俊博さん

厚木市棚沢在住 73歳

10月30日号

安川 芳枝さん

11月1日から厚木で再始動する「しっぽ村」で中心的役割を担っている

安川 芳枝さん

清川村在住 36歳

10月23日号

石原 生美夫さん

厚木市に事務局を置く『グループ完』の代表を務める

石原 生美夫さん

藤沢市在住 67歳

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク