厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

清川村特産ソーセージ 村おこしで快挙 日本IFFAで金賞

社会

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
授賞式での記念撮影。ソーセージ製造を手掛けた松田さん(中央)と、岩澤吉美村長(右から2人目)、審査委員
授賞式での記念撮影。ソーセージ製造を手掛けた松田さん(中央)と、岩澤吉美村長(右から2人目)、審査委員

 清川村が特産品として開発している清川恵水ポークを使ったあらびきソーセージが「2019年度日本IFFAコンテスト」のソーセージ部門で金賞を獲得。11月25日に東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で授賞式が行われ、金メダルと証明書が贈られた。

 IFFAは、ドイツ食肉連盟が3年に一度、ドイツのフランクフルトで開催する国際食肉業者専門見本市の略称。ここで開催されるコンテストは130年以上の歴史があり、権威ある食肉マイスターたちがハムやソーセージなどを審査する。

 今年は特別にドイツからマイスターが派遣され、初の日本IFFAが開催された。審査は今年8月下旬に行われ、日本国内の約80社から総数530点が出品された。

 ソーセージ部門では、ドイツのコンテストと同基準で味や外見、匂い、スパイスなど約140項目がチェックされる。50点満点を獲得したものが金賞に選ばれ、以降は減点方式で獲得点数に応じて銀賞・銅賞が決まる。

 清川村が出品したソーセージは、今年3月に村内煤ヶ谷に整備したローカルイノベーション拠点施設の特産品開発研究室で地域おこし協力隊の松田桂一さんが製造しているもの。村の特産品「清川恵水ポーク」を使用し、独自に工夫を重ねて開発に取り組んできた。

 開業から約半年での快挙に松田さんは「金賞は恵水ポークの素材の良さあってこそ」と語る。製造では、気泡や詰めムラの無い均一な品質にこだわりがあるという。目指すは3年後のドイツでのIFFA金賞。「継続して受賞できることで、品質の信頼にもつながる。精進していきたい」と、言葉に力を込める。

 松田さんのソーセージは特産品として開発中のため、現在は一般販売は行われていないが、ローカルイノベーション拠点施設併設のイタリアンレストラン「四季」と、宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい会場で味わうことができる。詳しくは村産業観光課【電話】046・288・3864へ。

受賞したソーセージ
受賞したソーセージ

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

駅前に「にぎわい」灯す

厚木市

駅前に「にぎわい」灯す 文化

23日からイルミネーション

10月22日号

100周年に向け始動

東京工芸大学

100周年に向け始動 教育

記念サイトを立ち上げ

10月22日号

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook