厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年8月7日号 エリアトップへ

スクール・サポート・スタッフ 教員の負担軽減に一助 厚木市内全小中学校に配置

教育

掲載号:2020年8月7日号

  • LINE
  • hatena
生徒と談笑する佐藤さん
生徒と談笑する佐藤さん

 厚木市では7月から、新型コロナウイルス感染症対策の強化を図るため、授業準備や感染症防止業務など、教員をサポートする「スクール・サポート・スタッフ」を新たに23人採用し、市内の全小中学校に1人ずつ配置している。

 「スクール・サポート・スタッフ」の職務内容は、授業準備、学習プリント等の印刷・配布準備、校舎内の清掃・消毒作業など、教員業務の支援。雇用期間は2021年3月まで。採用されたのは、20歳から75歳までの男女23人で、大学生や元教諭、保護者など経歴もさまざまだ。

 藤塚中学校(安藤史校長/上依知)に配置された佐藤奏子さん(21)は、桜美林大学に通う4年生で、同中学の卒業生。大学では日本文学を専攻し、中学の国語教諭を目指している。佐藤さんは月水金の週3回、午前中に勤務。昨年4月から学習ボランティアとして週1回同校に勤務していたこと、コロナの影響で大学の授業がオンライン授業になり、時間に余裕ができたこともありスクール・サポート・スタッフに応募したという。

 佐藤さんは、出勤するとまず職員室の掃除からスタート。その後、配布物のコピーや給食配膳の補助などもしている。「先生たちに『いつもありがとう』と声をかけていただけると嬉しい。自分から積極的に先生に声を掛けている」とやりがいを話す佐藤さん。安藤校長は「いろいろなことに自主的に取り組んでくれるので助かっている」と話す。

 市教育委員会では「休校期間から再開された学校は、児童・生徒の心のケア、感染症対策など多くの大人たちのサポートが必要。スクール・サポート・スタッフの方には、先生方のサポートとともに学校の一員として尽力していただきたい」と話している。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

新人 今鉾氏が出馬表明

愛川町長選

新人 今鉾氏が出馬表明 政治

「町民の生命財産守る」

5月27日号

持続可能な町づくり推進

厚木市

持続可能な町づくり推進 社会

ガス2社と協定締結

5月27日号

新人 小島氏が出馬表明

愛川町長選

新人 小島氏が出馬表明 政治

環境、交通、教育に注力

5月20日号

厚商に放送機材寄贈

厚木中RC

厚商に放送機材寄贈 社会

オンライン配信を充実

5月20日号

田中選手に市民功労表彰

厚木市

田中選手に市民功労表彰 スポーツ

北京パラスキーで4位入賞

5月13日号

データサイエンスで勝つ

データサイエンスで勝つ スポーツ

厚高野球部、寄付金で新機材

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook