厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

厚木市 消防団に救命ボート配備 迅速な救助活動に期待

社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena
救命ボートを使った救助活動のイメージ。町中での浸水等を想定している=市消防本部提供
救命ボートを使った救助活動のイメージ。町中での浸水等を想定している=市消防本部提供

 厚木市は、災害時の洪水浸水対策の一環として8月20日、救命ボートを市内消防団の各分団に配備した。大型化する台風や局地的な大雨に備えるためで、市消防本部では、「より迅速な救助活動が展開できるようになる」と期待を込める。

 毎年、全国でも甚大な被害をもたらしている、台風による大雨や局地的な豪雨災害。河川の氾濫につながることも多く、昨年の台風19号が関東地方に上陸した際には、相模川上流部の城山ダムが緊急放流を行ったのは記憶に新しい。

 現在、市消防本部では10艇の救命ボートを所持している。今回の配備は、市民の命や暮らしを守り、より迅速に救助活動を行うため、地域の8つの消防団にボートと船外機を1艇ずつ配備。同時に救命胴衣も各団に6着ずつ、全部で48着を配備した。救命胴衣を含んだ救命ボート一式の予算は、859万1千円。相模川流域の近隣の自治体では、相模原市、座間市、愛川町、平塚市などが配備しているが、消防団用の救命ボートを持つのは厚木市を含め、海老名市と茅ヶ崎市となる。

初動対応が迅速に

 配備された救命ボートは、全長3m30cm、幅1m60cm、重さ42・5kgで6人乗り。常時は地域の各消防署で保管する。救助現場に到着後、3分程度でセッティングすることができるため、簡単に取り扱うことができ、迅速な救助活動が期待できるという。

 今回の救命ボートは、町中での浸水を想定したもので、主に逃げ遅れた人や避難困難者を乗せ、団員がボートを押して使う。

 市では、今回の配備に伴う救命ボートの取扱訓練を9月27日(日)、北消防署睦合分署で実施する。消防団と消防署による合同訓練で、救助活動に備える。

 市消防本部警防課の担当者は「近年、大型化する台風や局地的な豪雨災害が全国的に多発している。河川の氾濫も昔に比べて多く見られるようになったなか、救命ボートを配備することで、初動時の対応を迅速に行え、より良い救助活動を展開できるようになる」と期待する。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

借りて住みたい街1位

本厚木駅

借りて住みたい街1位 社会

コロナ禍で 4位から上昇

9月25日号

町民も火葬炉有料に

愛川聖苑

町民も火葬炉有料に 社会

施設維持見据え10月から

9月25日号

「将来への想い」新たに設定

厚木市総合計画

「将来への想い」新たに設定 社会

基本構想 PC(パブリックコメント)で意見求める

9月18日号

永里優季選手はやぶさ入団

W杯優勝元なでしこJ

永里優季選手はやぶさ入団 スポーツ

男子サッカーに挑戦

9月18日号

中学校も「温かい給食」

愛川町

中学校も「温かい給食」 社会

県内初の全校親子方式

9月11日号

3自治体とも開催へ

2021年成人式

3自治体とも開催へ 社会

2回開催や時間短縮で対応

9月11日号

患者さんに寄り添った病院づくり

身近な人が"あれ?"と思ったら、早めのご相談を

https://yasuragi-atsugi.or.jp/

宝安寺 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク