厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

SAP厚木店 赤い羽根自販機で地域貢献 県内の遊技場で初の設置

社会

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena
赤い羽根共同募金仕様の自販機と導入を提案した波多野さん
赤い羽根共同募金仕様の自販機と導入を提案した波多野さん

 アミューズメント施設のSAP厚木店(厚木市妻田東)に8月から赤い羽根共同募金仕様の自動販売機が設置されている。市内では2台目、遊技場で設置されるのは県内で初となる。

 首都圏を中心にパチンコ・スロット店SAPを経営するサンキョー株式会社では、各店舗に地域貢献の担当者を決め、店ごとにさまざまな事業に取り組んでいる。厚木店でも、これまでにフードバンク活動への協力、台風時の一時避難場所として立体駐車場を開放するなど、地域貢献に取り組んできた。

 今回の自販機導入を提案した同店主任の波多野和人(かずひと)さんは、「何か新しい地域貢献がしたい」と考えていたところ、厚木市社会福祉協議会の広報紙を目にし、赤い羽根共同募金仕様の自販機のことを知った。社会的に貢献できるほか、生まれも育ちも厚木市の波多野さんにとって「ここでの募金が厚木で使われるので、地元・厚木に貢献できるという想いもあった」と、導入を決めた理由を話す。その後は会社や代理店の許可を得て、とんとん拍子に進めていった。

 今回、設置されたのは店内に5台ある自販機のうちの1台。「飲み物を買うと売上げの一部が募金できるしくみなので、買ったお客様が温かい気持ちになってもらえれば嬉しい」と話す。また、「県内の遊技場で初の設置と聞いて驚いた。パチンコ店は自販機も多いので、これを機に赤い羽根の自販機がほかの店にも広まれば」と話す。

赤い羽根共同募金10月からスタート

 今年度の赤い羽根共同募金運動は10月1日に始まり、来年3月31日(水)まで実施される。この共同募金は、地域福祉の推進を図るために、集まった寄付金をその地域の社会福祉事業、更生保護事業など、社会福祉を目的とする事業者に配分される。市内で同運動に取り組む県共同募金会厚木市支会(厚木市社協内)では「今年は新型コロナの影響もあり、ご無理のない範囲で寄付をお願いできれば」と話している。

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

和菓子職人が突撃取材

タウンレポート

和菓子職人が突撃取材 社会

愛川ブランド紹介動画が好評

9月17日号

ATGサイレン灯

彼岸に紅白の共演

常昌院

彼岸に紅白の共演 社会

厚木市棚沢

9月17日号

5連勝で暫定首位

はやぶさイレブン

5連勝で暫定首位 スポーツ

次戦は宣言明けを予定

9月17日号

身近な「むにゅーん」募集

身近な「むにゅーん」募集 文化

市民参加型展示会に向け

9月17日号

JTがクリーン活動

JTがクリーン活動 社会

5日連続でゴミ拾い

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook