厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

厚木市粗大ごみ 処理手数料を値上げへ 経費との適正化図る

社会

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
環境センターに持ち込まれた粗大ごみを処理していく職員
環境センターに持ち込まれた粗大ごみを処理していく職員

 厚木市は、粗大ごみと特定粗大ごみの処理について、環境センター(厚木市金田)へ搬入する場合の手数料を値上げする条例の改正案を発表した。10月25日(日)まで、パブリックコメントを実施し、市民からの意見を募っている。

 改正案によると、値上げになるのは環境センターへ搬入する場合の手数料で、粗大ごみが300円から500円、特定粗大ごみが600円から1000円に引き上げられる。来年の4月1日からを予定している。

 今回の値上げの目的は手数料の適正化とごみの減量化推進の2つ。粗大ごみは排出する市民が手数料を支払い、処理が行われている。しかし、現状では実際に掛かる経費と手数料に隔たりが生じている。市が過去3年間の実績から粗大ごみ1点あたりの経費を算出したところ、環境センターへ搬入する場合は560円、戸別収集は650円だった。現在、環境センターへ搬入される粗大ごみは年間で約14万点(過去3年の平均)ある。市環境事業課では、値上げにより、手数料が年間2000万円増えると予測。同課の担当者は「時代の流れもあり色々な経費が掛かる中、手数料との乖離を是正するための適正化」と説明する。

発生抑制に期待

 手数料の値上げには、粗大ごみの発生抑制、再利用を促し、減量化、資源化を図るねらいもある。同課では「購入する時に少しでも長く使えるもの、より丈夫なものを選ぶなど、物を大切にする心を醸成するきっかけになれば。物はゴミだと思った瞬間にゴミになる。そうならないように買う時から考えてほしい」と話す。

 粗大ごみのもう一つの排出方法である、戸別収集についての手数料は、粗大ごみが500円、特定粗大ごみが1000円のまま据え置きとなる。超高齢社会のなかで、自家用車等で環境センターへ搬入することができない市民が増えると予想されるためで、社会情勢に配慮したという。

パブコメ実施中

 市では、「厚木市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部改正」に関するパブリックコメントを現在実施している。条例の改正内容は、市役所の市政情報コーナー、厚木市ホームページなどで閲覧できる。提出期限は10月25日(日)まで。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

荻野神社で結婚式

荻野神社で結婚式 文化

「厚木婚」で新たなまちづくりへ

12月4日号

「宮ヶ瀬豚まん」誕生

「宮ヶ瀬豚まん」誕生 社会

地域産品でご当地グルメ

12月4日号

交流施設整備へ意見交換

厚木市複合施設

交流施設整備へ意見交換 社会

図書館、未来館WS(ワークショップ)を開催

11月27日号

青春の熱唱 今年は映像で

若者たちの音楽祭

青春の熱唱 今年は映像で 社会

12月11日に配信予定

11月27日号

児童と作る花火動画

厚木JC

児童と作る花火動画 社会

12月中旬の配信目指す

11月20日号

20年の活動に感謝状

コンビニ防犯連絡協議会

20年の活動に感謝状 社会

会社の垣根越え情報共有

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク