厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

「食の駅」オープン 「美味しいものを届けたい」 肉・魚・野菜他 地元業者がタッグ

社会

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市恩名の厚木高校向かいに昨年暮れ、『青空と大地 食の駅』がオープンした。

 同施設は、「スーパーでは買えない、美味しいものをお届けします。一度食べてもらえればわかるはず」を合言葉に、地元の有名卸業者「牛肉の高橋」「魚の相堀」「野菜のリンクボール」が手を組み開業したもの。

 中心的役割を担うリンクボール(株)の福島大地さんは、「仕入れた美味しい食材を直接一般の食卓に届けられないかと考え模索する中、コロナ禍で飲食店の時短営業や自粛により取引先への発注が減ったこともあり、親交のあった別業種の卸しの仲間に相談。意気投合し開設に至った」と話す。

 市内外のホテルや人気飲食店と取引しているプロが厳選した食材だけに品質には自信を持つ。

 さらに近隣の小売店にも声を掛け出店を促し、100坪の店内には、様々な商品も取り揃えられている。「おかずやおつまみになるものや、スイーツ、パンなども販売しています」と話す。

 厚木市の富塚とうふ店、夢づくりパン工房、ぎょうざ三宝、焼肉わがんせ、肉まんが人気のシャンシャンバオ、ワイルドふぁーむ、厚木いいはちみつ、マルモ米穀、伊勢原市の寿雀卵、清川村ジェラート等の商品が並ぶ。さらには地元サッカーチーム「はやぶさイレブン」のグッズコーナーなど、アンテナショップ的役割も担う。

 また店内にはイートインコーナーもあり、ラーメンや唐揚げ、焼き鳥を提供しているほか、購入した商品をその場で食べることもできる。

 福島さんは、「今まで卸し中心にやっていた業者が初めて店舗展開にチャレンジしました。こだわりの食材には自信があります」と話す。

 営業時間は、午前10時〜午後6時。水曜定休。問合せは【電話】046・259・6422へ。
 

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

奉仕の誓い新たに

厚木RC

奉仕の誓い新たに 社会

60周年で記念例会

5月14日号

4市の書作品を展示

4市の書作品を展示 文化

20日から県央連合書展

5月14日号

ATGサイレン灯

Y・F(ユースフォーラム)をオンラインで

国際ソロプチミスト厚木

Y・F(ユースフォーラム)をオンラインで 社会

コロナ禍で初の取り組み

5月14日号

「シーゲイルズJr.」始動

中学生ラグビー

「シーゲイルズJr.」始動 スポーツ

県央・県西地区に受け皿

5月14日号

ジャズとクラシックの融合

タウンニュースホール

ジャズとクラシックの融合 文化

寺井尚子with中鉢聡

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter