厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

厚木市森の里 ゴミ出しの負担減を検証 4カ所で実証実験スタート

社会

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena
赤と緑に色分けされたゴミ出し用の網袋
赤と緑に色分けされたゴミ出し用の網袋

 厚木市森の里3、4丁目自治会のモデル地区で2月2日から、ペットボトルと缶類のゴミ出しの実証実験が始まった。ビニール袋にまとめて出していた方法を、集積所に設置された網袋に入れる方法へ変更。8カ月間の試行で状況を検証していく。

 昨年からレジ袋が有料となり、ペットボトルと缶類を資源ごみとして出す場合の経済的負担が増加。さらに、集積所に集められたものは、その場で破袋して回収するため、収集員の作業負荷も大きく、新型コロナの感染リスクもある。

 そこで同自治会では、昨夏からレジ袋ではなく、網袋に入れて回収する方法を模索。市と協議を重ね、地区内4カ所で9月28日まで実証実験を行うことになった。

 実証実験で期待する効果は主に5つ―【1】レジ袋廃止による各家庭の経済的負担の軽減、【2】ゴミ収集員の破袋作業と積込作業の負担軽減、【3】収集員の新型コロナ感染リスクの軽減、【4】レジ袋削減によるゴミ減量化、【5】網袋使用による省スペース化と後片付けの簡素化―。

 初日となった2日は雨のなか、住民らはペットボトルと缶を決められた綱袋に入れていった。今回の取り組みについて、同3丁目の宮野利美自治会長は「分別精度が上がり、収集員の手間も減る。住民の方にはルールを守って出して頂ければ」と話すと、同4丁目の乙川州澄自治会長は「集積所をきれいにすることは地域の安心、安全につながる。さらに良いアイデアが出ることにも期待したい」と話した。同自治会では結果を検証し、森の里全域に取組みを広げたいとしている。
 

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

河邉(かわべ)直生さんが金賞

第22回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 

河邉(かわべ)直生さんが金賞 文化

ショパニストA部門で

2月26日号

コロナ対策など増額編成

愛川町清川村

コロナ対策など増額編成 社会

2021年度当初予算案

2月26日号

学生が捉えた里神楽

垣澤社中×工芸大学

学生が捉えた里神楽 文化

『あつぎの神さま』写真展

2月19日号

一般会計、過去最大の872億

厚木市当初予算案

一般会計、過去最大の872億 社会

前年比1.5%、13億円の増

2月19日号

ゴミ出しの負担減を検証

厚木市森の里

ゴミ出しの負担減を検証 社会

4カ所で実証実験スタート

2月12日号

自宅療養者に支援事業

愛川町

自宅療養者に支援事業 社会

食料品調達などサポート

2月12日号

グループホーム花物語がオープン

花物語あつぎ南(厚木市岡田)、花物語きよかわ(清川村煤ケ谷)

https://hana-kaigo.jala.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク