厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

精神障害と向き合いながら画家として3回目の個展を開催した 和田 充弘さん 厚木市恩名在住 50歳

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena

心伝わるアートを紡ぐ

 ○…精神障害と向き合いながら宿った「絵を仕事にできたら」という夢を実現。5月11日まで、アミューあつぎのアートギャラリーで3回目となる個展を開催した。周囲の人は親しみを込めて“わっさん”と呼ぶ。「私の個展に多くの人に足を運んでいただき、絵の感想を言ってもらえるのがとてもうれしい」と穏やかに話す表情からは優しさが滲み出る。

 ○…社会人として働いていた35歳のときに発症し退職。治療を続けながら幼少の頃好きだった絵をふと描き始めた。居場所を探してたどり着いた厚木市戸室にある就労継続支援A型作業所のレストラン「モン・レーヴわたしの夢」に来店し絵を描く日々。すると黙々と描き続ける姿と絵にスタッフの心が動き、同じ運営母体の地域密着型特別養護老人ホーム「きみどり」に作品を飾ることに。同施設のサポートを受け画家として活動が始まった。「多くの方の支えがあり夢が叶った」と感謝の言葉を口にする。

 ○…母親が数年前に他界し、現在は父親と二人暮らし。互いに栄養に気を遣ったりしながら食事は一緒に摂るという。「父親がそばにいてくれることがとてもありがたい」としみじみ。絵で何か迷った時は感想を聴いて参考にする。今も薬で調整しつつ、「生活に支障なく、絵に集中できている」と笑顔を見せる。

 ○…これまで絵葉書から大きいサイズの絵と変化してきたように新しいものに挑戦したいという。「面白くないと続かない。やるからには面白いものを」。「自分にとって絵は祈り」と話し、マジックペンとクレヨンが描き出すストーリー性のあるメルヘンチックな不思議な世界は観る者を温かい気持ちに誘う。これからさらに多くの人の心を癒していくだろう。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

立石 良夫さん

厚木市グラウンド・ゴルフ協会の会長に就任した

立石 良夫さん

厚木市まつかげ台在住 74歳

5月20日号

田中佳子さん

市民功労表彰を受賞した北京2022パラリンピック大会アルペンスキー代表

田中佳子さん

(株)Tポイント・ジャパン 46歳

5月13日号

三宅 正敬さん

一般社団法人厚木医師会の会長に就任した

三宅 正敬さん

厚木市中町在住 65歳

5月6日号

早坂 善弘さん

厚木商工会議所青年部(厚木YEG)第21代会長に就任した

早坂 善弘さん

厚木市戸室在住 47歳

4月22日号

石神 学さん

厚木市の特設サイト「厚木deサイクル」の立ち上げに携わった

石神 学さん

厚木市在勤 50歳

4月15日号

川田 啓一郎さん

厚木市消防団長に就任した

川田 啓一郎さん

厚木市飯山在住 62歳

4月8日号

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook