厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

厚木市 電子決済が利用可能に 証明書発行など34窓口で

社会

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市では7月1日から、住民票の写しや戸籍謄本などの各種証明書の発行手数料の支払いに電子決済が可能になった。これにより、市民の利便性が高まるとともに、窓口での滞留時間の短縮が図れるとして、厚木市財政課の担当者は「ぜひ使用してもらえれば」と呼びかける。

 近年急速に普及が進んでいる電子決済。現金のやり取りがないため、利用者の利便性の向上、新型コロナウイルスの感染防止などのメリットがある。厚木市では、今年4月から市県民税、固定資産税、国民健康保険料などの納付に一部の電子決済が利用できるようになった。

 市ではさらにキャッシュレス化を進めるため、7月から各種証明書の発行手数料の支払いに、電子決済ができるレジ端末を導入。予算は設置費などを含め約4400万円となる。

幅広い種類に対応

 電子決済が利用できる場所は市役所、各地区市民センター、あつぎ市民交流プラザなど、市内34カ所の窓口。電子決済を導入することで、データを一元管理することができるため、事務や集計作業の効率化、時間短縮にもなるという。

 電子決済の支払いが可能なのは、市が発行する各種証明書の手数料のほかに、粗大ごみの処理手数料(厚木市環境センター)、火葬料・使用料(市斎場)など。使える電子決済の種類はクレジットカード、電子マネー、スマートフォンをかざして使うコード決済(表参照)。現金での支払いは引き続き可能。また、スポーツ施設の利用料などについては、「券売機の更新時期など今回はタイミングが合わなかった」とし、「できる限りキャッシュレス化を進めたい」と話す。

 同課では「市民の皆様に使って頂けるように幅広い種類の電子決済を導入したので、ぜひ使用してもらいたい」と話す。

 キャッシュレス化に関する詳細は市HPでも確認できる。
 

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

全館にWi-Fi整備

厚木市内公民館

全館にWi-Fi整備 社会

情報収集、利便性が向上

9月17日号

地場小麦でラスク商品化

JAあつぎ

地場小麦でラスク商品化 文化

芳ばしい「薫り」を消費者へ

9月17日号

ペッパー活用し道徳授業

森の里小

ペッパー活用し道徳授業 教育

「何ができるか」考える

9月10日号

キッチンカーで災害支援

イベントフードプロ115合同会社

キッチンカーで災害支援 社会

県と飲食の提供に関する協定

9月10日号

みんなの力で再出発

古民家カフェよってけさん

みんなの力で再出発 社会

支援者集いクラファン準備

9月3日号

ご当地ナンバーを導入

厚木市

ご当地ナンバーを導入 社会

あゆコロちゃんで魅力PR

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook