厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

JAあつぎ 地場小麦でラスク商品化 芳ばしい「薫り」を消費者へ

文化

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
新商品をPRするJAあつぎ職員
新商品をPRするJAあつぎ職員

 厚木市農業協同組合(JAあつぎ/大貫盛雄代表理事組合長)はこのほど、厚木産小麦「ゆめかおり」を主原料としたオリジナル商品「小麦薫るラスク」の販売を開始した。「おやつやお茶請けにちょうど良い」と評判も良く、好調の売れ行きを見せている。

 「小麦薫るラスク」は、ゆめかおりの特長でもある「薫り」にこだわり、サクッとした軽い食感とほんのり優しい甘さに仕上げた。製菓メーカーと協議を重ね、およそ1年がかりで商品化にこぎ着けた。

 JAあつぎは、遊休農地の解消と新規就農者支援を目的に2014年から小麦の生産拡大に取り組んでいる。主力品種は「ゆめかおり」と「さとのそら」の2品種。うどんや中華麺、ビールといったオリジナル商品の開発、販売で6次産業化を進め生産者の安定した所得確保に努めてきた。

 取り組みの後押しもあり、2016年は4人の生産者で約5トンの生産量だったが、今年は7人が生産に携わり、約14トンを収穫するなど、少しずつ実を結んでいる。

 JAあつぎ関係者は、ラスク販売について「手に取ってもらいやすい商品になった。厚木産小麦の魅力が多くの人に伝われば嬉しい」と話した。

 価格は1袋2枚入り90円で、JA農産物直売所「夢未市」(厚木市温水)やグリーンセンター(同市及川)などで販売されている。
 

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

駅前に「にぎわい」灯す

厚木市

駅前に「にぎわい」灯す 文化

23日からイルミネーション

10月22日号

100周年に向け始動

東京工芸大学

100周年に向け始動 教育

記念サイトを立ち上げ

10月22日号

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook