厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

【Web限定記事】日本フルハーフ株式会社 バラで高齢者に「癒し」を 11施設へフラワーボックス寄贈

社会

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena
フラワーボックスを授受する(右から)厚木市社協の山口会長、日本フルハーフの高橋取締役、玉川グリーンホームの原田理事長
フラワーボックスを授受する(右から)厚木市社協の山口会長、日本フルハーフの高橋取締役、玉川グリーンホームの原田理事長

 輸送用機器の製造・販売を行う日本フルハーフ株式会社(厚木市上依知上ノ原)が高齢者施設にバラのフラワーボックスを寄贈し、贈呈式が10月26日に社会福祉法人特別養護老人ホーム玉川グリーンホーム(厚木市小野/原田忠洋理事長)で行われた。

 

 同社は、自社工場で400種類、約1000本のバラを育てており、バラを通じた社会貢献活動を行っている。特に、コロナ流行後は医療従事者への感謝や水害被害を受けた相模川ローズガーデンの復興のためにバラを寄付している。

 

 今回は、新型コロナウイルス感染症の影響で、高齢者施設でも入居者の外出が困難になっていることなどを受け、同社が「バラを通じて穏やかな時間を過ごしてほしい」と厚木市社会福祉協議会に寄贈を相談。社協を通じて厚木市と愛川町の11施設に寄贈することが決まった。

 

 寄贈したフラワーボックスは、同社の工場で育てているバラの中から秋に見頃を迎えるバラを選りすぐったもの。縦35cm×横25cmほどの箱に色とりどりのバラを敷き詰めた。当日は同社取締役厚木工場長の高橋克彦さん、厚木工場生産総務部総務グループグループリーダーの玉置清次さん、顧問の中野和辰さんが厚木市社協の山口泉会長と施設を訪れ、原田理事長にフラワーボックスを手渡した。高橋さんは「こういう時期なので、バラが皆様の癒しになれば嬉しい。香りもぜひ楽しんで頂ければ」と伝えると、原田理事長は「外出や面会に制限がある中で、みなさんにどうやったら季節を感じてもらえるかを考えている。このようなお花はみなさんの楽しみになると思う」と感謝した。

寄贈されたフラワーボックス
寄贈されたフラワーボックス

巻き爪矯正

オープン記念!巻き爪無料相談会実施中。12月末まで。「お気軽にご相談を」

https://pma-sakura.jimdofree.com/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

災害時想定し初の訓練

災害時想定し初の訓練 社会

厚木市立病院と横浜低温株式会社

11月26日号

青空の下で買い物を

青空の下で買い物を 社会

日曜はキッチンカー出店

11月26日号

煩悩払いのヨガと瞑想

本照寺

煩悩払いのヨガと瞑想 文化

除夜の鐘は開始早める

11月26日号

犬のしつけ教室に36組

犬のしつけ教室に36組 社会

互いが快適に暮らすために

11月26日号

長年の貢献に表彰

長年の貢献に表彰 社会

厚木署管内で2人

11月26日号

「やさしさ」が力になる仕事

「やさしさ」が力になる仕事 社会

11月27、28日 福祉のしごとフェア

11月26日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook