厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

ZOOM UP 小さな力を大きな輪に 日本単独野営協会 小山仁さん

社会

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
ほぼ毎週中津川を訪れるという小山さん。キャンプ地はこののぼり旗が目印
ほぼ毎週中津川を訪れるという小山さん。キャンプ地はこののぼり旗が目印

 ▽近年人気のアウトドア。愛川町を流れる中津川は、清流に広い河川敷があり、多くのキャンパーで賑わう。最近は利用者の環境意識も向上しているが、今なおゴミの放置や、直火を使い炭などを残して帰る「焚き逃げ」など、マナーを守らない痕跡も見かける。そんな状況を変えようと、2018年にソロキャンプ愛好家の小山仁さんが「日本単独野営協会」を設立。SNSを中心に仲間が集い、今や会員は全国に2万人。清掃活動や健全なアウトドア活動の啓発を続けている。

 ▽小山さんは横浜市在住。小さいころから外に出るのが大好きな活動的な性格だったという。社会人になってから、心と体を癒してくれる自然に惹かれ、ソロキャンプをするようになった。野営地で見かけるゴミや焚き逃げ跡を見て個人で清掃活動を始めたが、「一つ片づけて翌週来るとまた増えている。できることに限りがあって、とても太刀打ちできなかった」という。

 ▽そこで小山さんは、ソロキャンパーが繋がる場として同協会を設立。たった一人で始めた活動が次々と大きな輪となって広がっている。仲間で集って行う清掃活動は2カ月から3カ月に1回程。基本はそれぞれの人が、ソロキャンプをした時にゴミ一つでもいいから拾う。「義務や無理があると活動は続かない。小さな心がけを集めて、世の中を変えていきたい。あれだけ多かった駅のホームのタバコの吸い殻が今はほとんど見なくなったように、必ず変えられる」と小山さん。目標は会員10万人だ。

 ▽中津川の角田大橋下の河川敷は、同協会の始まりの地であり、小山さんにとって特別な場所だ。新型コロナの影響で閉鎖されていた期間で樹林化しつつあった場所も、すっかり綺麗に整備されている。小山さんは「自分にとって最寄りの大自然。いつまでもこの心地良さを残していきたい」と笑顔を見せる。

同協会フェイスブック
同協会フェイスブック

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

県人会チャリティー

県人会チャリティー 文化

6月12日 市文化会館

5月20日号

元気にプレー

グラウンド・ゴルフ

元気にプレー スポーツ

ウクライナへの募金も

5月20日号

田植えにチャレンジ

田植えにチャレンジ 社会

昔ながらの方法で

5月20日号

20周年の節目祝う

20周年の節目祝う 文化

厚木市舞踊協会

5月20日号

こえだで工作体験

厚木法人会からのお知らせ

厚木法人会からのお知らせ 経済

―どなたでも参加できます―

5月20日号

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook