厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

県道42号長坂立体付近 落書きゼロめざして 地域が協力して壁画制作

社会

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
▶丁寧に色を塗っていく▲完成した壁画
▶丁寧に色を塗っていく▲完成した壁画

 厚木市関口地区の県道42号沿い、長坂立体の道路擁壁に11月13日、20mの壁画が完成した。依知南地区地域づくり推進委員会をはじめ、地元自治会や小中学校の生徒らが協力して制作。落書き防止に効果が期待される。

 2010年に開通した、市道関口才戸橋線に繋がる座間荻野線(県道42号)上にある長坂立体。同所の擁壁には多くの落書きがされていたが、2016年から市民ボランティア団体と市が主導で落書き消しと、その防止になる壁画制作を開始した。

 県道擁壁の片側が終了した2018年から、依知南地区地域づくり推進委員会が事業を引き継ぎ、もう片面の擁壁への壁画制作が始まった。昨年はコロナで中止となったが、約120mの擁壁に毎年20mずつ壁画を作成していくという。

 11月13日の壁画制作には、同会をはじめ、地元自治会、依知中学校の生徒・教職員ら90人が参加。壁画のデザインは依知・依知南小の3年生児童が「将来の夢」をテーマに描いた絵をもとに依知中美術部が原画を考えた。1日かけて作業は終了。参加した依知中の明松由唯さんは「壁画を描いたのは初めて。このような活動で落書きが無くなってほしい」と話す。また同会の星野一郎会長は「今後も地域で協力して壁画を増やしていきたい」と話した。

約90人が壁画づくりに参加した
約90人が壁画づくりに参加した

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

3回目接種 前倒し

厚木・愛川・清川

3回目接種 前倒し 社会

オミクロン株の流行で

1月21日号

開館50周年 更なる発展を

緑ケ丘公民館

開館50周年 更なる発展を 社会

「地域と共に歩む」

1月21日号

2分署が新築供用開始

厚木消防署

2分署が新築供用開始 社会

相川と南毛利

1月14日号

心を繋ぐ「結」の年に

清川村

心を繋ぐ「結」の年に 社会

新春村長インタビュー

1月14日号

揃って式典開催へ

厚木・愛川・清川

揃って式典開催へ 社会

新成人は3自治体で2,884人

1月7日号

「万里一空」を胸に

愛川町

「万里一空」を胸に 社会

新春町長インタビュー

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新政あつぎ

    意見広告

    新政あつぎ

    無所属 厚木市議会会派

    1月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook