厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年12月10日号 エリアトップへ

タウンレポート 作って学ぶ プログラミング 中津第二小で大規模授業

教育

掲載号:2021年12月10日号

  • LINE
  • hatena
和気あいあいとプログラムを楽しむ児童
和気あいあいとプログラムを楽しむ児童

 愛川町の中津第二小学校体育館で12月7日、5年生と6年生を対象に大規模なプログラミング教育の授業が行われた。この授業では、東京からプログラミング教育を推進しているNPO法人「みんなのコード」とIT企業の株式会社メンバーズの社員ら合計16人が来校。少人数のグループに分かれて迷路ゲーム作りに挑戦した。

 物事を達成するための順序や合理的思考を育てるプログラミング教育。小学校では2020年度から必修化されているが、同校では18年度からプログラミング教育のフロンティアスクールとして先行的に研究を進めてきた。今回の授業は、先行研究で縁があったことで同法人から声がかかり企画されたもの。メンバーズは、現役のプログラマーや学生時代にプログラミングソフトを指導した経験のある人などがボランティアで参加。この日は、「Scratch」というソフトを使い、迷路作りに挑戦。「障害物の色を認識してよけて通る」「回転する障害物に当たらないように動く」など、ゴールするためのプログラムを各自で組んだ。

 普段からタブレット端末に慣れ親しんでいるだけあって、児童たちはすぐにコツを掴んでスイスイとプログラムを作り、メンバーズも「こんなに短時間でできるのは凄いね」と驚いていた。つまづいた所ではメンバーズが指導し、和気あいあいと授業を楽しんだ。同校の佐野昌美校長は「これだけ多くの方が指導役で来ていただけるのはなかなかないこと。プログラミング教育では、これからの時代を生きていくのに必要な力を学ぶことができる。これからも広げていきたい」と話す。

プログラミングを入力するのもすぐに慣れてスイスイ
プログラミングを入力するのもすぐに慣れてスイスイ

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

動く義手「バンク」で広がれ

七沢の神奈川リハビリテーション病院が拠点に

動く義手「バンク」で広がれ 社会

5月13日号

厚木SCが地元で試合

厚木SCが地元で試合 スポーツ

観覧を呼び掛け

5月13日号

8人に教育委員会表彰

愛川町

8人に教育委員会表彰 教育

社会教育、文化振興に功績

5月13日号

短歌で「福井新聞社賞」受賞

短歌で「福井新聞社賞」受賞 文化

厚木市在住の北村純一さん

5月13日号

「星の王子さま」の飛行機

特別養護老人ホームに

「星の王子さま」の飛行機 社会

5月13日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook