厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

伊勢原市西富岡 休耕田が菜の花畑に 地元児童がSDGs学ぶ

コミュニティ教育

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena
菜の花の観察をする児童
菜の花の観察をする児童

 西富岡の農地(伊勢原市西富岡25の1)で4月18日、地域の酪農家と伊勢原市立高部屋小学校の6年生が総合学習の一環で「耕作放棄地を花畑に変えるプロジェクト」を実施した。耕作放棄地の有効活用が目的で、地元酪農家が酪農業への理解を深めてもらおうと昨年初めて計画した。

 効率的に農地を整備・耕作できる大型機械を持つ酪農家は、人手不足などにより耕作できない農地の所有者から、農地の保全や耕作の継続について依頼を受けることがあるという。

 今回のプロジェクトは、そうした事業の一環で昨年4月、西富岡の農地所有者から地域の酪農家で「いせはら地ミルク」を手掛ける「伊勢原産牛乳プロジェクト」のリーダーである、荒井新吾さんに声がかかった。

 依頼を受けた荒井さんは、地元の人々に酪農業への理解を深めてもらうとともに、景観を楽しんでもらおうと、自身がリーダーを務める牛乳プロジェクトの取り組みの一環として、農地を花畑にしようと計画。その活動を「地域の人々と共有できれば」との思いから、高部屋小学校に連携を働きかけた。

 昨年11月に同校の5年生の児童を対象に、酪農業に関心をもってもらうための特別授業を行うとともに、整備した農地に児童らと菜の花の種まきを実施した。

 この日は菜の花が開花したことから、当時5年生だった67人が、総合学習の授業の一環として、SDGsの「住み続けられるまちづくりを」などの学習として、花の観察と花摘みを実施。参加した児童は「自分の身長(約140cm)より大きく育っていて驚いた」。「花がきれいで、少し地域に貢献できてうれしかった。これからもSDGsに親しんでいきたい」などと話した。

 荒井さんは「近年は牧草の値段が上昇している。将来的には牧草などを栽培する場所にすることも考えているが、子どもたちのためになるなら、菜の花プロジェクトを継続していきたい」と話していた。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

女性議員割合は23%

市町村議会本紙調査

女性議員割合は23% 政治

地方議会全国平均上回る

6月24日号

キーウで描かれた大作

キーウで描かれた大作 文化

アミューあつぎで公開

6月24日号

小野澤氏3期目へ

愛川町長選

小野澤氏3期目へ 政治

新人2人に大差で勝利

6月17日号

三木湊斗(あつと)さん、全国へ

ソフトテニス

三木湊斗(あつと)さん、全国へ スポーツ

「目標はベスト16入り」

6月17日号

4回目接種進む

コロナワクチン

4回目接種進む 社会

厚木・愛川・清川

6月10日号

3年ぶり鮎まつり開催へ

3年ぶり鮎まつり開催へ 社会

感染症対策で規模縮小

6月10日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

愛甲石田駅前にOPEN

1日1組限定「おくりびと」がいる家族葬専用式場

https://www.fujimishikiten.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 音楽の森

    ♯みゅーじっくコラム♭

    音楽の森

    ピアニスト 倉本 卓(厚木市長谷在住)

    6月17日号

  • 横山 実のGOLF LIFE  Vol.17

    横山 実のGOLF LIFE Vol.17

    【17】 よりよいゴルフライフを〈最終回〉

    6月17日号

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook