神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

鳶尾の力凝縮した2日間 学校や商店街で映像投影

コミュニティ社会

公開:2023年12月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
荻野中学校の壁面に投影された、地域の歩みを振り返る映像
荻野中学校の壁面に投影された、地域の歩みを振り返る映像

 鳶尾団地の商店街や荻野中学校が、12月2日と3日に映像投影イベントで賑わった。会場は風船で飾られ、子ども向けの音楽やスポーツ体験、スタンプラリーなども。地域の力を集めたこのイベントが始まったのは1年前。商店街の1本の桜がきっかけだった。

 昨年、荻野の地域団体・コミュニティカフェ荻野(土谷知男代表)の集まりで意見が出た。「せっかく立派な桜があるし、イルミネーションで飾るのはどうか」。同カフェは商店街の一角でギャラリーを運営したり、困り事支援などを続けている。商店街は昔に比べテナントが抜けるなどして、かつての華やかさが薄れている。街に明るさを取り戻そうというこのアイデアは、商店街店舗の協賛を受け、実現の運びとなった。

 さらにカフェと親交のある神奈川工科大学奥村研究室が協力、商店街に映像投影する企画が加わり、同じく東京工芸大学森田研究室の協力で無数の風船が飾りつけられ、鳶尾の夜が華やいだ。

 初のイベントは約1年をかけ、地域の魅力を集めてさらに内容が充実した。荻野小学校で活動する和太鼓グループの演奏が加わり、近隣に住むアーティストの西田由花里さんが子ども向けの音楽イベントで盛り上げ、ユーコープ鳶尾店がスタンプラリーを新たに企画した。

 新会場として荻野中学校も加わった。投影動画は同校PTAなども協力。地元の子どもたちの行事や地域団体の活動シーンなどをのべ30分の映像で投影。地域の歩みを振り返る総集編のような作品に、会場では拍手が起こった。

 同カフェの土谷代表は「屋外で寒かったのは反省点。来年は時期を変える事も視野に入れて考えたい。手作りイベントが増え、一人でも多くの人に楽しんでもらえたら」と語っていた。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

適正配置の方策まとまる

厚木市小中学校

適正配置の方策まとまる

荻野や小鮎で統合の方向性

5月17日

世界大会で2冠

ポールダンス

世界大会で2冠

厚木で教室経営 加藤さん

5月17日

持続可能性が高まる

清川村

持続可能性が高まる

人口戦略会議が公表

5月10日

一枚写真部門で入選1席

厚木市

一枚写真部門で入選1席

全国広報コンクール

5月10日

生物多様性の回復へ

厚木市

生物多様性の回復へ

自然再興へ県内初宣言

5月3日

地域とつながる新施設

神奈川工科大学

地域とつながる新施設

KAIT TOWN竣工

5月3日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook