神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

厚木市在住佐藤太一郎さん 7度目の人道支援へ 国境なき医師団で活動

社会

公開:2024年6月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
多数の負傷者に対応する佐藤さん(昨年・チャドで)© Taichiro Sato/MSF
多数の負傷者に対応する佐藤さん(昨年・チャドで)© Taichiro Sato/MSF

 紛争地帯で活動する「国境なき医師団」のメンバーに、厚木出身の看護師がいる。佐藤太一郎さん(37)は、今年1月から4月までスーダンで人道支援に携わった。一時帰国を経て、今月下旬に7度目となる派遣先のアフリカ南部のエスワティニ王国(旧スワジランド)に向かう。

 スーダンは国内紛争が重なり混迷している。5人チームで派遣された病院は、多くの医療機材が壊れたり盗まれるなどして機能が失われていた。佐藤さんの任務は薬や器材などモノの流れを調整し、人材を採用して育成する、病院再起動のマネジメント。計画を進める中では予期せぬ出来事も連続した。麻疹や肝炎が流行し、退院した患者は暮らしていた地が危険で帰れない。夜は人々が安全な場所を求めて病院に集まった。根本原因の紛争は止められない。

 母校は愛甲小学校と東名中学校。長谷スポーツ少年団で野球を続け、高校時代にプレー後の仲間のケガを処置するうち、医療の道に興味がわいた。東海大に進学、卒業後に救急医療センターなどで働いた。その後海外留学を経て客船の乗客をケアする看護師として就職。2020年にダイヤモンドプリンセス号で新型コロナの感染が広がり、救命活動の依頼を受け帰国することに。どんな感染症か分からない状況で奔走した。

 同年に国境なき医師団に入った。志望したのは医師団の活動に共感したから。天災ではなく暴力や紛争などの人災で人々が死ぬことに、強い理不尽さを感じていたという。これまでイラクやパレスチナ、イエメン、ハイチ、チャドに派遣されている。輸血や薬の量がわずかで、どの患者に使うか決断を迫られたり、紛争で難民が1日5千人増える現場もあった。

 派遣前には現地状況やリスクの説明、意思確認などが十分に行われるせいか、漠然とした恐怖はないという。「自分の経験と知識で人の命を守りたい、そこに医療ニーズがあって、できることがあるから行くんです」。

 派遣期間が終わった後は「電池が空っぽの状態」で厚木に帰る。派遣先では食べられないすしを食べ、本厚木駅から一番街を通って自宅まで歩く。平らに舗装されている道路、夜も明々と開いているコンビニを見て、あらためて驚く。「もともと地元愛はあまり意識していなかったのですが、帰れる場所があるのは幸せなこと。地元厚木のためにどんな貢献ができるか考えています」と語った。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

「希望の世界」描く

戸室在住島村進さん

「希望の世界」描く

認知症抱え初の絵画展

7月19日

ソフトテニスで全国5位

厚木北高平川さん

ソフトテニスで全国5位

プレー通用「証明できた」

7月19日

上半期5800万円の被害

厚木署管内特殊詐欺

上半期5800万円の被害

SNS型・ロマンスも増加

7月12日

日本代表で国際大会へ

相川中の細野さん

日本代表で国際大会へ

走攻守の三拍子武器に

7月12日

特別警戒に指針

厚木市熱中症対策

特別警戒に指針

愛川町も暑熱シェルター

7月5日

救助技術大会で全国へ

厚木市消防本部

救助技術大会で全国へ

ほふく救出部門、12年ぶり

7月5日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook