神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

荻野の歴史を一冊に 学ぶ会が発刊

文化

公開:2024年6月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
市長に冊子を手渡す田中代表(左)
市長に冊子を手渡す田中代表(左)

 歴史研究グループ「荻野の歴史を学ぶ会」(田中昭一代表=人物風土記で紹介)がこのほど、地質時代から現代までの荻野地区の歴史・民俗・文化などをまとめた冊子「荻野の歴史」を作成した。同会では6月20日に厚木市役所を訪れ、山口貴裕市長に冊子44冊を寄贈。冊子は市内の公民館や小中学校などに順次配布される。

 荻野地域の歴史を後世に残したいと、自治会などで知り合った荻野在住の市民が中心に集まり、2016年に発足した荻野の歴史を学ぶ会。

 同会には29人が所属。メンバーが地域の歴史調査や資料収集などを精力的に行い、これまでにも見つかった古い資料を元に「荻野消防史」(A4判・46頁)や「田口松平翁論文抜録」(A4判・105頁)などを発刊している。

 今回作成した「荻野の歴史」は、歴史を風化させず、先人が紡いできたものを若い世代にも伝え、深く地元を知って欲しいという思いから、様々な文献と聞き取りを行い、約3年の月日をかけて完成。田中代表は「伝承などを聞くには今しかなかった」と話す。

 A4判・226頁にもなる冊子には、荻野の古墳や遺跡に始まり、11世紀ごろの地名の起こり、祭りや伝承などの民俗・文化、商業や産業に至るまで、様々な出来事が網羅されている。

 寄贈当日は、田中代表と土屋豊副代表が、厚木市役所本庁舎を訪問。山口市長に完成した冊子を手渡した。

 田中代表は「荻野の歴史をみんなで調べ、先人が集めてくれたものをまとめさせてもらった。読んでくれた人の記憶に一つでも残れば100年後に夢が広がります」と笑顔。「皆さまの成果の集大成となる冊子、その熱さが厚さにも表れています。読んだ市民の方々が、厚木に誇りを持ってもらえると思います。多くの人に知らせる取り組みをしていきます」と山口市長は話した。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

「希望の世界」描く

戸室在住島村進さん

「希望の世界」描く

認知症抱え初の絵画展

7月19日

ソフトテニスで全国5位

厚木北高平川さん

ソフトテニスで全国5位

プレー通用「証明できた」

7月19日

上半期5800万円の被害

厚木署管内特殊詐欺

上半期5800万円の被害

SNS型・ロマンスも増加

7月12日

日本代表で国際大会へ

相川中の細野さん

日本代表で国際大会へ

走攻守の三拍子武器に

7月12日

特別警戒に指針

厚木市熱中症対策

特別警戒に指針

愛川町も暑熱シェルター

7月5日

救助技術大会で全国へ

厚木市消防本部

救助技術大会で全国へ

ほふく救出部門、12年ぶり

7月5日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook