神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

待機児童数 座間市がワースト脱却 海老名市は増加

社会

公開:2024年6月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
座間市がワースト脱却

 県内自治体の今年4月1日現在の保育所待機児童数が14日に神奈川県から発表された。

 毎年4月1日時点の自治体別待機児童数を神奈川県が集計して公表している。最新の集計結果によると、県全体の待機児童数は前年比34人減の188人で過去最少を更新した。

 県全体では15市町村で待機児童数がゼロ。市域では川崎、三浦、秦野、厚木、大和、南足柄の6市が前年からの待機児童ゼロを維持。大和市は9年連続、厚木市は4年連続でゼロを更新した。愛川町は3年、清川村は4年連続のゼロだった。

 座間市の待機児童数は前年の50人から30人に減り4年連続ワーストから脱却したが、鎌倉市の34人に次ぐ県内2番目の多さとなった。

 海老名市は前年比5人増の18人、綾瀬市は1人減の9人、海老名市は県内19市中3番目、綾瀬市は6番目に多い。

保留児童

 保育施設への入所を希望していても空きがなく入所できない「待機児童」への関心は高く、県や県内自治体も対策を強化してきた。一方で、保育施設に申請はしているものの、希望する施設や条件が合わず一時的に入所を保留している「保留児童」の数にも視野を広げる必要がある。

 保留児童数は、厚木市189人、大和市383人、海老名市229人、座間市116人、綾瀬市111人、愛川町26人、清川村はゼロ。今後も地域の家庭から保育需要を正確に把握して、適切な対策を講じることが自治体に求められる。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

愛甲三郎納涼祭り

7月20日

愛甲三郎納涼祭り

甲冑隊パレードなど

7月13日

自主制作映画を上映

自主制作映画を上映

7月26日 厚木珈琲

7月12日

各地区で盆踊り

JAあつぎ

各地区で盆踊り

7月17日・24日

7月12日

着工控え市民向け説明会

厚木市複合施設

着工控え市民向け説明会

庁舎機能集約で利便性向上

7月12日

田んぼは生き物の宝庫

田んぼは生き物の宝庫

JAあつぎが生き物調査

7月12日

コラボ歌踊・展示大会

コラボ歌踊・展示大会

7月21日(日)厚木市保健福祉センター6F

7月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook