伊勢原版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

伊勢原駅前中央商店会 商店街大賞に輝く インバウンド対応などで評価

経済

受賞を喜ぶ商店会役員ら
受賞を喜ぶ商店会役員ら
 県内の頑張っている商店街をはじめ、大型店などの優れた取り組みを表彰する第6回『かながわ商店街大賞』(主催/同実行委員会)がこのほど発表され、伊勢原駅北口の伊勢原駅前中央商店会(鈴木裕也会長/109店舗)が商店街部門の大賞に輝いた。1月9日には横浜市中区の県民共済プラザビルで授賞式が行われた。

 同賞は、県内の商店街全体の活性化を目的に、頑張っている商店街と大型店などの優れた取り組みを表彰するもの。

 県や公益社団法人商連かながわ、県商店街振興組合連合会などによる、かながわ商店街大賞実行委員会が審査。表彰された商店街の取り組みは広く紹介され、他の商店街の活性化の参考にされるという。

 駅前中央商店会は、伊勢原駅北口を中心に広がる商店会で現在109店舗が加盟する。大山観光の玄関口として発展し、2003年には通りのひとつを「竜神通り」と命名。大山登山マラソンや商店会サマーフェスタなどに合わせて、歩行者天国として開放するほか、ハロウィーンなどのイベントも精力的に実施。また近年は、国際交流団体と連携した訪日外国人に向けた催しでインバウンド需要にも力を入れていることなど、時代に即した商店会運営が評価された。

 同商店会の代表者らは1月9日に県民共済プラザビルで行われた授賞式に出席。黒岩祐治神奈川県知事から賞状が贈られた。鈴木会長は賞状を手に「歴代の会長が取り組んできたことが認められ嬉しい」と笑顔。今後は県内をはじめ多くの商店会にも注目されるようになるといい、「より一層地域に根差した商店会をめざしてやっていきたい」と力強く話した。

様々なイベントが行われる竜神通り
様々なイベントが行われる竜神通り

<PR>

伊勢原版のトップニュース最新6件

四季を感じる一年に

大山阿夫利神社

四季を感じる一年に

1月12日号

文科大臣賞を受賞

大田小5年鈴木さん

文科大臣賞を受賞

1月5日号

新たな門出に1029人

伊勢原市成人式

新たな門出に1029人

1月5日号

戌年の伊勢原は

2018年

戌年の伊勢原は

1月1日号

地域活性化への好機

新春インタビュー

地域活性化への好機

1月1日号

歴史に華やいだ一年

伊勢原版の関連リンク

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク