伊勢原版 掲載号:2020年3月13日号 エリアトップへ

伊勢原市 50周年記念サイト開設 市民と祝賀盛り上げへ

社会

掲載号:2020年3月13日号

  • LINE
  • hatena
市ホームページの50周年記念サイトトップページ
市ホームページの50周年記念サイトトップページ

 来年3月1日に市制施行50周年を迎える伊勢原市が2月28日、市ホームページ内に市制50周年記念サイトを開設。来年1月から始まる記念イヤーに向け、さまざまな最新情報を発信していく。

 市は市制50周年に先駆け、記念すべき年を市民とともに祝うため、記念サイトを開設した。

 サイトには、「市長メッセージ」のほか、50周年記念事業にあたっての「基本方針」を掲載。ほかにも記念式典の日程や市民投票で選定されたキャッチフレーズ、東海大学3年生の北村亜己さん=人物風土記で紹介=がデザインした記念ロゴマーク(=写真下)、伊勢原市50年の歩みが分かる「伊勢原市の歴史」や写真で振り返る「フォトギャラリー」のページが設けられている。

 また今後開催が決まり次第、市主催の記念事業の紹介や、市民が企画・実施する記念事業のお知らせもサイト内に掲載する予定。市は現在、市民や企業、各種団体に「市制施行50周年」を冠したイベントを募集している。申請し、冠事業に認定されると、イベント開催の際にキャッチフレーズやロゴマークが使用できるほか、のぼり旗の貸し出しもあるという。

 市経営企画課の担当者は、「サイトでは今後イベント情報など最新のものを随時更新していく。50周年記念動画も制作する予定なのでお楽しみに」と話している。

キャッチフレーズとロゴマーク

 市は、50周年記念のキャッチフレーズを作成するため地元の大学生、関係機関や公募の市民らで昨年6月にワークショップを開催。グループごとに分かれアイデアを提案。4つのキャッチフレーズ案が選ばれ、市民投票の結果、2161票(総数6234票)を獲得した「つながる つなげる 伊勢原のひとコマ」に決定した。人と縁起物の大山こまを「ひとコマ」にかけ、人と人が繋がり、伊勢原の大切なものを未来につなげ、幸せを紡いでいく思いが込められているという。

 ロゴマークは、市が包括協定を締結している同大教養学部・池村明生教授のゼミ生にデザイン作成を依頼。ゼミ生14人のデザイン案の中から北村さんの作品を選んだ。その後、色使いやフォント(文字の形)などいろいろなパターンを試し、完成させた。

 北村さんは「50の0(ゼロ)部分をこまにする発想は決まっていた。市の担当者の方と話し合いながらの作業は勉強になった。この経験を今後の作品にいかしたい」と話している。

 サイトに関する問合せは市経営企画課【電話】0463・94・4845へ。
 

伊勢原版のトップニュース最新6

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ

全日本卓球選手権県予選会

黄塚(こうづか)兄妹揃って全国へ スポーツ

13歳以下の部で

9月17日号

ベイスターズJrに選抜

伊勢原フレンズ青木徠海さん

ベイスターズJrに選抜 スポーツ

16人のメンバーに

9月17日号

LINEで情報発信

伊勢原市

LINEで情報発信 政治

公式アカウントを開設

9月10日号

大山道の道標マップ作成

伊勢原市

大山道の道標マップ作成 文化

商品売上の1%活用

9月10日号

添田重樹さんが優勝

JOC水泳競技大会

添田重樹さんが優勝 スポーツ

100m背泳ぎで

9月3日号

K-1の舞台に挑む

谷山俊樹選手

K-1の舞台に挑む スポーツ

4年半ぶりの出場へ

9月3日号

MADOショップ平塚真土店

台風シーズンに貼れば安心「飛散防止フィルム」

http://kobayashikenso.co.jp

伊勢原市私立幼稚園協会 

22年度園児募集 子どもが初めて出会う”学校”めぐり

http://kids-isehara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook