横須賀版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

障がい者の自立に取り組む「よこすか片マヒ希望の会」で中心的に活動する 蘇武(そぶ)春男さん 馬堀海岸在住 70歳

障がいをはね返す「希望」

 ○…障がい者にも夢がある。寝て見る夢よりも、起きて見る夢を叶えたい。だから「希望の会」と名付けた。障がい者が積極的に”表”に出て前向きに楽しめるよう、夏のバーベキュー大会では、会で作った「三浦だいこん飴」を販売し、今月はいも煮交流会を開催。高齢者や子ども達との交流の場をつくった。「自分が(半身マヒに)なるとは思いませんでした。でもなったからには、それなりの楽しみ方を学んでいます」。

 ○…それは6年前に突然やってきた。市内で行われたイベントの手伝いに参加した時。「急に立ち上がれなくなったんです」と振り返る。すぐさま救急病院に搬送された。病名は脳梗塞。健康そのものだった生活が一変した。後遺症で右半身マヒになり、食事の時も左手でスプーンやフォークを持たなければならなくなった。言語障がいも残った。「あ…、う…、しか喋れませんでした」。自分の意思を相手に伝えられないもどかしさを味わった。

 ○…塞ぎこんでいた気持ちに変化が生じたのは、3年がたった頃。ヘレンケラーの人生を扱ったテレビ番組を見たのがきっかけだった。盲聾唖(もうろうあ)だった彼女と比べて、「まだ自分は『あ、う、』だけでも言える。見ることも聞くこともできる。”迎え”が来るまでは、できる事からやってみようと思うようになりました」。コミュニケーションは、身振りを交えながら自分のペースでゆっくり喋ればいい。今では会話も違和感が無いまでに回復。「マイ箸を使って魚の骨も取れますよ」と微笑む。

 ○…現役時代は土産物の食品セールの最前線に立っていた。「三浦半島を観光のまちにしたい」という思いは今も強い。いつの日か三浦一族がNHK大河ドラマで放映され、横須賀が全国的に注目されることを願う。もうひとつ、約30人が在籍する会員の「自立」をめざすのは、横須賀は医療費のかからない元気なまちであってほしいから。叶えたい夢はいくつもある。
 

横須賀版の人物風土記最新6件

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

かながわ駅伝初優勝のチーム横須賀で主将を務めた

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

2月16日号

稲崎 高史さん

氷彫刻をはじめ造形作家として活躍する

稲崎 高史さん

2月9日号

後藤田 亘輝さん

高校サッカー選手権で優勝した前橋育英のメンバーで高校選抜候補にも選出されている

後藤田 亘輝さん

2月2日号

小菅 雪月さん

1月28日に都内で行われる「全国高等学校ビブリオバトル」に出場する

小菅 雪月さん

1月26日号

浜口 直樹さん

新年恒例の宮中行事「歌会始の儀」の入選者10人に選ばれた

浜口 直樹さん

1月19日号

樋口 一郎さん

ガイドブック『鎌倉&三浦半島 山から海へ30コース』を手掛けた

樋口 一郎さん

1月12日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光に満ちた色彩の「航跡」

光に満ちた色彩の「航跡」

横須賀美術館で青山義雄展

2月10日~4月15日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク