横須賀版 掲載号:2013年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

最初期のコロボックル物語の復刻版と新作短編を刊行した児童文学作家 佐藤 さとるさん 逸見出身 85歳

壮大な嘘がファンタジー

 ○…一世を風靡した児童文学作品・コロボックル物語の作者。85歳の誕生日を記念して自身最初期の私家版を復刻した。10年以上ぶりという新作の短編小説も書き下ろし、番外編として添えた。「復刻本とそれを収めるケースのサイズが合わなくてスカスカ。埋めるためにもう一編加える必要があった」と冗談めいて話すが、筆を執りたくなるほどの秀逸なエピソードが作家魂に火をつけた。

 ○…それは『ガリバー物語』のガリバーが観音崎を訪れていた、とする説だ。興味がわいて調べを進めるとガリバーは江戸時代、逸見に領地を持った三浦按針ことウィリアム・アダムスにも通じた。「按針の墓のある塚山公園は幼少期に駆け巡った思い出の地」。身近に感じていた按針をガリバーに見立てて、自身が産み落としたコロボックルと邂逅する物語を思いついた。寓話の中で真実の歴史が少しだけ顔を出す手法はもっとも得意とするところ。「レンガを少しずつずらしてアーチを造る感覚。壮大な嘘をつくことがファンタジー」とにんまり笑う。

 ○…よどみなく半世紀以上も前の記憶が口をついて出る。「日本のフェアリーテイラーになってやろうと思って」。出版社に勤務していた30歳当時。大好きな童話を読み漁っていたら、身の回りになくなってしまった。「ならば自分で作るしかない」。5章をじっくりとかけ上げて、あらためて読み返してみると「面白すぎて止まらない。すごいものが出来た」とひとり悦に入った。枕元に積み上げて満足感に浸った100部の私家版がその後の作家活動の原点となった。

 ○…児童文学ほど奥深いものはないという。「子ども向けの本ではなく、子どもにもわかるように書かれた大人の本」というのが持論だが、「容易でないからもう書かない」ときっぱり。最後の執筆は家族に懇願されている「自分史」。世の中と自分の価値観が大きく変わる節目となった昭和20年の記憶を今、編んでいる。
 

暑中お見舞い申し上げます

時代に適応、求められる奉仕活動

1951年創設、67年の歴史と伝統を有する奉仕団体です。

http://yokosuka-rc.jp/

(有)飯塚慎治郎商店

確かな技術で皆様の暮らしの安全、安心と快適をサポート

http://www.iizukashinjiroshoten.co.jp

地域密着の外壁塗装会社

三浦半島で唯一の塗料メーカー認定の施工店

http://www.su-place.co.jp/

海と森と歴史が融合した農園

東京湾を眺めながら夏はブルーベリー、冬はレモンの摘み取りが楽しめます。

http://mutsumi-group.com/farmaseagardenuraga/

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6件

小松 亜矢子さん

長沢にあるコミュニティスペースで相談拠点「まちの保健室」を開いている

小松 亜矢子さん

7月20日号

小貝 実佑さん

スタンドアップパドル(SUP)競技で世界をめざす

小貝 実佑さん

7月13日号

松尾 康範さん

『居酒屋おやじがタイで平和を考える』を上梓した

松尾 康範さん

7月6日号

中谷 栄輝さん

俳優としてテレビドラマや舞台を中心に活動する

中谷 栄輝さん

6月29日号

木村 紀夫さん

今月24日に舞台に立つ市民劇団「浜の隠居の会」で脚本を手掛けた

木村 紀夫さん

6月22日号

新田 果音さん

弓道の高校総体県予選会の個人戦で優勝した

新田 果音さん

6月15日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月30日号

お問い合わせ

外部リンク