横須賀版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

30日まで行われるグルメイベント「よこすか軍艦メシ」の仕掛け人「横須賀鎮守府(仮)」の代表を務める 今井 拓也さん 鴨居在住 36歳

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena

横須賀ヲ、オモシロク

 ○…自ら作った有志団体「横須賀鎮守府(仮)」が企画し、先週からスタートしたグルメイベント「よこすか軍艦メシ」。市内9店舗で発案した古今の艦船をイメージしたオリジナルメニューを注文すると、軍艦印入りの割り箸が手に入るという仕組み。「割り箸は全10種類。揃えたくなる”ゲーム性”がポイントなんです」といたずらっぽく笑う。遠くは岡山県からもマニアがやってくるなど、手ごたえは上々だ。

 ○…戦艦「武蔵」の乗組員だった祖父の影響で、昔から艦船や歴史モノが好きだった。父親は不動産会社社長、母親は幼稚園の園長、祖父は市議会議員、と否が応でも将来を期待される家系。その反動からか、幼い頃からしがらみにとらわれない生き方に強く惹かれた。設計の勉強や焼肉店のスタッフ、長距離トラックの運転手など「流されるように」過ぎていった20代。7年前に父親が他界し会社を継いでからは、人口減の進む地元を憂う日々が続いた。

 ○…人気ゲーム「艦隊これくしょん」や「護衛艦カレーグランプリ」などの影響で、近年若い人からも注目を浴びている横須賀の艦船。にもかかわらず、若者向けの土産物が少ない現状に、「せっかく注目されているのにもったいない」「行政がやらないならいっそ自分たちで」と、友人らと立ち上げたのが同グループだ。今年の夏には、軍艦をモチーフにしたタオルやTシャツを市内で販売。インターネット通販を行わないのは「横須賀に足を運んでもらうことが目的」だからだ。

 ○…誰に頼まれたわけでもないが”勝手に”横須賀を盛り上げる――、「だってその方が自由で楽しいから」。「軍艦メシ」の次なる企画について仲間らとインターネット上で行うやり取りは、一晩で600通を超えることも。「次の課題は、夜の横須賀に人を呼びこむこと。そのためのイベントも考え中です」とにっこり。新たなアイデアの着想は止まらない。

横須賀版の人物風土記最新6

田中 清夏(さやか)さん

「パパママ夏祭り」を開催する実行委員会で委員長を務める

田中 清夏(さやか)さん

鷹取在住 36歳

7月19日号

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

福島 浩幸さん

2000年代の横須賀のライブハウスシーンをまとめた『横須賀 俺たちの時代』を手掛けた

福島 浩幸さん

公郷町在住 34歳

6月28日号

中川 茂さん

岩戸中特別支援学級の卒業生でつくる「そよかぜバンド」を立ち上げた

中川 茂さん

三春町在住 64歳

6月21日号

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

被ばく米兵の今

被ばく米兵の今

ベイサイド・ポケットで朗読劇

8月9日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク