横須賀版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

甘くて美味しい採蜜体験 生態や養蜂の仕組み学ぶ

社会

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena
ハンドルを力いっぱい回し蜜を絞る子どもたち
ハンドルを力いっぱい回し蜜を絞る子どもたち

 横須賀市津久井にある「うみべのえほんやツバメ号」で今月20日、はちみつしぼり体験会が行われた。

 この日、用意されたセイヨウミツバチの巣板は、三浦市高円坊地区に置かれているもの。蜜がぎっしりと溜まった巣を、子どもたちが”手回し遠心分離器”で採蜜し始めると、部屋中にはふんわりと甘い香りが充満。とろりとした黄金色のハチミツが蛇口から現れた瞬間、大きな歓声があがっていた。

 作業後、参加者はしぼりたてのハチミツを試食し、自然の恵みを堪能。子どもも大人も夢中になる優しい味わいは”百花(ひゃっか)蜜(みつ)”と呼ばれ何種類もの花の蜜が混じり合ったもの。季節によって風味が変わるのが特徴で、今回は6月に開花するカボチャやアカメガシワ、椎の木、カラスザンショウなどが蜜源。ミカンやレモンの風味が強い5月に採ったハチミツと食べ比べ、三浦の自然の味を楽しんだ。

 同イベントに協力した養蜂家の川澄雄司さんによると、ミツバチは蜜を求めて巣箱から半径約2キロ圏内で活動する習性があり、周辺に畑や雑木林が多く温暖な気候の三浦半島は養蜂に適しているという。

横須賀版のローカルニュース最新6

3D映像 広がる幻想光景

「花の国 」イルミネーション

3D映像 広がる幻想光景 文化

12月13日号

市役所「朝市」地場の旬野菜

猿島から見る初日の出

猿島から見る初日の出 経済

無人島で新年の幕開け

12月13日号

子育て支援で奨励賞

障害児の母親グループ

子育て支援で奨励賞 社会

神奈川県から表彰

12月13日号

三崎港で冬の花火大会

三崎港で冬の花火大会 文化

「三浦半島×イタリア」企画も

12月13日号

博物館で理科フェス

博物館で理科フェス 教育

工作や研究発表も

12月13日号

「夢の世界」誘うプリンシパル

東京バレエ団 秋元康臣さん

「夢の世界」誘うプリンシパル 文化

よこすか芸術劇場で「くるみ割り人形」

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

社会課題あぶりだす15作

ドキュメンタリー映画上映

社会課題あぶりだす15作

佐島の高齢者施設会場に

12月22日~12月22日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク