横須賀版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

甘くて美味しい採蜜体験 生態や養蜂の仕組み学ぶ

社会

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena
ハンドルを力いっぱい回し蜜を絞る子どもたち
ハンドルを力いっぱい回し蜜を絞る子どもたち

 横須賀市津久井にある「うみべのえほんやツバメ号」で今月20日、はちみつしぼり体験会が行われた。

 この日、用意されたセイヨウミツバチの巣板は、三浦市高円坊地区に置かれているもの。蜜がぎっしりと溜まった巣を、子どもたちが”手回し遠心分離器”で採蜜し始めると、部屋中にはふんわりと甘い香りが充満。とろりとした黄金色のハチミツが蛇口から現れた瞬間、大きな歓声があがっていた。

 作業後、参加者はしぼりたてのハチミツを試食し、自然の恵みを堪能。子どもも大人も夢中になる優しい味わいは”百花(ひゃっか)蜜(みつ)”と呼ばれ何種類もの花の蜜が混じり合ったもの。季節によって風味が変わるのが特徴で、今回は6月に開花するカボチャやアカメガシワ、椎の木、カラスザンショウなどが蜜源。ミカンやレモンの風味が強い5月に採ったハチミツと食べ比べ、三浦の自然の味を楽しんだ。

 同イベントに協力した養蜂家の川澄雄司さんによると、ミツバチは蜜を求めて巣箱から半径約2キロ圏内で活動する習性があり、周辺に畑や雑木林が多く温暖な気候の三浦半島は養蜂に適しているという。

横須賀版のローカルニュース最新6

「地域課題」まずは共有

「地域課題」まずは共有 社会

三浦学苑高生が問題提起

8月23日号

大音量で音楽映画

大滝町ライブハウス

大音量で音楽映画 文化

よみがえる大スクリーン

8月23日号

歩いて考える「谷戸」活用

歩いて考える「谷戸」活用 社会

謎解きイベント 学生団体が企画

8月23日号

「南国気分味わって」

「南国気分味わって」 社会

浦賀のカフェに白い砂浜

8月23日号

イスラエル選手と”JUDO”

イスラエル選手と”JUDO” 文化

学生ら横須賀学院で交流

8月23日号

10mの特大「らくがきアート」

10mの特大「らくがきアート」 社会

立場や障害を超えて交流

8月23日号

「楽器に触れて 楽しんで」

「楽器に触れて 楽しんで」 文化

プロ演奏家が体験会

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク