横須賀版 掲載号:2016年9月2日号 エリアトップへ

横須賀市 「男性看護師」連携を強化 活動団体発足、就業支援も

社会

掲載号:2016年9月2日号

  • LINE
  • hatena
「長く働き続けられる環境づくりを」と青木会長(写真中央)
「長く働き続けられる環境づくりを」と青木会長(写真中央)

 これまで「女性の仕事」と見られてきた看護師の職場に男性が増えている。市が2013年から取り組んでいる「看護師確保対策協働モデル事業」の一環で男性看護師が集まり、交流活動を始めたことを機に、このほど「YOKOSUKA男性看護師会」が発足した。今後は、交流会の開催や情報交換、講演会や職業体験などを通して、男性看護師のネットワークを広げていく。

 看護婦・看護士と男女に分かれていた名称が、「看護師」に統一されたのが2002年。その後、10年間で全国の男性看護師数は約2・3倍(04年〜14年/女性は約1・4倍)と増加傾向にある。しかし、高齢化が進み、在宅医療や介護施設など看護の需要が多様化する一方で、結婚や子育てなどで離職する人が多く、全国的に「看護師不足」と言われる。

 横須賀市では、こうした現状をふまえ、NPO法人看護職キャリアサポートとの市民協働事業として、人材確保や育成を支援する「看護師確保対策協働モデル事業」を13年から3カ年で実施。就職・復職説明会やキャリア支援研修を行ってきた。その中で、今年2月に初めて開催したのが、男性看護師の交流会。参加者から多くあがったのが「女性中心の職場で居場所がない」「近くに同性の相談相手がいない」「目標となるキャリアのモデルケースがない」といった働き方に関する悩みだった。

 そこで、「職場での不安やストレスの軽減、情報交換の場として男性看護師の連携を深めたい」と先月、市内病院に勤務する看護師11人で発足したのが「YOKOSUKA男性看護師会」。代表の青木隆志さん(横須賀共済病院)は、「まだまだ男性の管理職が少なく、20年30年後の働き方のイメージが沸かない人も多い。職場環境やキャリアプランの悩みを共有できる場になれば」と話す。

 今のところ、「男性看護師」の全国組織や大学病院などでの連携はあるものの、横須賀市のような自治体単位での活動団体は珍しいという。

「男性の看護」に潜在需要

 実際の現場では、男性の看護を要する場面も広がっている。同会のメンバーが所属するのは整形外科や脳神経外科、呼吸器科など。患者の移動を伴う力仕事や救急、精神科、泌尿器科といった診療科で勤務する例も多く、潜在的なニーズもある。また、「男性がいることで、職場の雰囲気が柔らかくなる」との声も聞かれるという。

 横須賀市内の病院等で勤務する男性看護師は262人(14年末時点)で、全体の約6・9%。この割合も増加傾向にある。横須賀市看護専門学校でも、男性受験者が増えており、社会人経験のある人が看護業界を目指すケースも多い。

 同会では先月30日に市内で行われた看護職の就職・進学説明会にもブースを設け、看護学校の受験を目指す社会人などから相談を受けた。「社会的な認知度向上に加え、看護師を目指す学生の支援や職場体験など、男性ならではの仕事の役割を伝えていければ」と青木さん。今後は、こうしたイベントへの参加や活動PR、勉強会などを継続させていく考えだ。

横須賀版のトップニュース最新6

「ペット火葬場 継続を」

動物愛護団体

「ペット火葬場 継続を」 社会

老朽化で市が廃止の意向

8月23日号

終末に寄り添うペット

太田和高齢者施設

終末に寄り添うペット 社会

施設長が感動実話を書籍化

8月23日号

色彩鮮やか切り絵の世界

色彩鮮やか切り絵の世界 文化

小原台の福島さん 初の作品展

8月16日号

海洋科学高発 “カジキブリトー”

海洋科学高発 “カジキブリトー” 教育

創作料理コンテストに出品

8月16日号

築100年の古民家救って

若松町

築100年の古民家救って 社会

シロアリ被害など甚大

8月9日号

「地域の魅力」体験で売る

「地域の魅力」体験で売る 経済

収穫など産地ツアーが人気

8月9日号

「深海探査」世界準Vの技術

チームクロシオ

「深海探査」世界準Vの技術 社会

横須賀ゆかり調査メンバー報告

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク