横須賀版 掲載号:2016年9月30日号 エリアトップへ

アニメ効果で飲食店特需 関係者「売り上げ3倍」

文化

掲載号:2016年9月30日号

  • LINE
  • hatena
対象店には等身大パネルが設置
対象店には等身大パネルが設置

 横須賀市を舞台にしたテレビアニメ「ハイスクール・フリート」(通称=「はいふり」)と市内の飲食店がコラボし経済効果を生みだしている。横須賀集客促進実行委員会が主導しているもので、参加店舗の中には期間中の売り上げが通常時の3倍になるなど、恩恵がもたらされている。

 同アニメは女子学生たちが海上の安全を守る職業「ブルーマーメイド」になることを目指し、奮闘する物語。4月から6月にかけてテレビで放映されて以降、主にアニメファンの間で人気を博している。

 放送終了後もその傾向は根強く、今月24日に横須賀芸術劇場で行われた声優のトークショーなどが楽しめるイベントでは3600席が完売。多くが市外からで、入場自由のグッズ販売のみに来た客を合わせると「5000人近いのではないか」と訪れたファンの一人は話しており、人気の高さを改めてうかがわせている。

スタンプラリー好調

 横須賀集客促進実行委員会ではこの”熱”を活性化につなげようと飲食店と連携した企画を展開。経済効果につながっている。

 第1弾として7月に実施した缶バッジキャンペーン、そして現在は今月16日から行っているスタンプラリーが好調。キャラクターをモチーフにしたメニューがあり、注文するとオリジナルコースターがもらえる。対象店は女子学生の数に合わせた34。追浜、衣笠、横須賀中央・汐入のエリアに分かれており、スタンプ数に応じて非売品のポスターなども手に入る仕組みだ。

 参加しているお店のほとんどが、キャンペーン期間中の売り上げ増に結びついているという。「土日は特に多い。通常時より3倍の売り上げが上がっている」と話すのは衣笠でスナック「歌楽屋(うたや)」を営む中西真理さん。「はいふり」による特需を実感している。客側からも好意的な声があがる。横浜市内からスタンプラリーに通っているというファンは「アニメをきっかけに店主と親しくなり、週に2〜3回は横須賀に来るようになった」と話し、常連になった店も多いという。

 独自のもてなしを行うところも出てきた。中央で「YOKOSUKA Shell」などを営む澁谷光則さんはキャラクターの誕生日を、ファンと一緒に祝うなどで好評を得ている。

商店街とも連携

 10月1日(土)からは衣笠で初めて商店街とはいふりのコラボ企画が始まる。対象の飲食店6店を訪れれば、アニメにゆかりのある地が書かれた限定ランチョンマットをもらえる。

 同委員会の担当者は「今後はこれを皮切りに各商店街とのコラボが増えてくれれば」と話しており、サポートしていく方向だという。
 

横須賀版のトップニュース最新6

逸見地区で実証実験

「AI運行バス」

逸見地区で実証実験 社会

全国初病院・スーパーと連携

12月6日号

BMX全日本大会誘致へ

横須賀市

BMX全日本大会誘致へ スポーツ

来年5月 うみかぜ公園会場に

12月6日号

横須賀総合が日本一

高校デザインイラスト展

横須賀総合が日本一 教育

個人賞で2人が全国2位に

11月29日号

週末5キロの"ラン習慣"

馬堀海岸遊歩道

週末5キロの"ラン習慣" スポーツ

「パークラン」年明けに展開

11月29日号

半世紀ぶり井上の肉声

未公開テープで素顔に迫る

半世紀ぶり井上の肉声 社会

海自第2術科学校で披露

11月22日号

弁当コンで県最高賞 全国へ

神明中学校

弁当コンで県最高賞 全国へ 教育

「血糖値上げずにおいしく」

11月22日号

総延長2キロの地下壕

貝山の戦跡

総延長2キロの地下壕 社会

2020年度中の公開めざす

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク