横須賀版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

吉田市長 出馬表明で3期目に意欲 「まちづくり腰を据えて臨む」

政治

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena
吉田雄人市長
吉田雄人市長

 吉田雄人横須賀市長は14日、来年7月に任期満了を迎える次期市長選に3選をめざして立候補することを正式表明した。推進しているプロジェクトの継続を強く訴えており、「まちづくりに腰を据えて取り組む覚悟を決めた」と本紙の取材に応えた。次期市長選で立候補を表明したのは吉田市長が初めて。

 吉田市長は「財政の健全化」で市の借金を3110億円から2921億円へと、約190億円削減した実績を強調。「市民の声に耳を傾ける」姿勢として取り組んできた車座会議や目安箱の設置も有効に機能していると、7年半の市政運営を振り返った。

 さらに2期目の成果として、妊娠前から子育て時期までの切れ目のない相談体制の構築や小児医療費助成を小学6年生までに引き上げたことなどを例示。9社10件の企業誘致に加え、スポーツ関連プロジェクトの取り組みで地域経済の活性化に手ごたえを得ていることも明かした。

 3期目は現行プロジェクトを推し進めるとした上で、政策の柱を3つ発表。「継続的なまちづくり」「人づくりのまちづくり」「市民によるまちづくり」を打ち出した。一例として示されたのが、中学校給食の実施、総合高校改革、横須賀出身の東京五輪・パラリンピック選手の育成、主要駅前再開発の支援、自宅で最期を迎えられる体制づくりなど。いずれも中長期的な視点で展開していくという。

   *  *  *

 以下は吉田市長に行ったインタビューの一問一答。

 ─3期目の立候補表明はなぜこの時期を選んだのか。

 「腰を据えて3期目に挑む覚悟と決意を早い段階で示したかった」

 ─告発のタイミングを意識したものではないか。選挙への影響はないか。

 「それは要因ではない。有権者はしっかりとした目で判断してくれると考えている。風評や風聞で判断して欲しくないとの思いもある」

 ─2期目で掲げた「地域経済の活性化」などは道半ばの印象だ。ホコ天化計画など実現できていないものもある。

 「まちづくりは継続的な姿勢が大事。既存プロジェクトの歩みは止めない。ホコ天に関しては、商店街の販売促進の一つの手法として提示したもの。これにこだわっているわけではない。商店主らの意見を汲みながら後押ししていく」

 ─中学校給食の実施は、ねじれた形で実現に向かっている。

 「公約を軌道修正した。当初はスクールランチの拡充でニーズに応えられると考えたが、試行結果やアンケート、議会の意見などを総括して、完全給食がベストと判断した」

 ─3期目の政策「市民によるまちづくり」の例として、浦賀奉行所移転300周年をテーマに挙げた。

 「市民発案で奉行所復元の運動が起こっており、応援していく。地権者の住友重機と交渉のテーブルを近く設ける。まちづくりは市民が基本。地域運営協議会を母体に実情に即した提案を市に寄せて欲しい」

 ─次期市長選の政策を有権者にどう伝える。 

 「判断材料となる実績集と政策集の2つを用意する。今は3本の政策の柱を固めたばかり。細かな肉づけの作業にこれから入る」
 

横須賀版のトップニュース最新6

福祉・子育てに注力

横須賀市新年度予算

福祉・子育てに注力 社会

総合窓口開設、ひとり親支援など

2月21日号

賑わい創出に新機軸

市内2公園

賑わい創出に新機軸 経済

屋外映画やサウナ、スケート

2月21日号

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク