横須賀版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

サンボ競技の元世界王者で、市のレスリング協会発足などにも携わった 古賀 正一さん 浦上台在住 82歳

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena

後世に残す 栄光の軌跡

 ○…レスリングやサンボの選手として優勝した大会は数百個に及ぶ。吉田市長直々からあった寄贈の依頼に快く応え、今月から横須賀アリーナには、自身が世界大会で獲得したメダルやカップ10点が展示されている。数年前、頭蓋骨骨折の重傷を負い、ここ最近は体調不良の日も少なくない。「地元の子どもたちにも見てもらうことで競技に興味を持ってくれれば」と後世に伝えたい思いがある。

 ○…生い立ちは壮絶だ。日本人の父とロシア人の母の間に誕生。亡命先の満州で馬を扱うコサックとして育てられた。10歳の時、戦時の混乱の中、両親とはぐれてしまった。同胞でもソ連軍の敵として殺される可能性があったため、逃げ惑う日々。生きるために父の故郷、九州を目指した。死体の山から道具や食物を漁り、隣で殺される親子連れを片目に、約1000キロを鉄路も使いながら4カ月で踏破。1人で引揚船のある港に辿り着いた。

 ○…その後は都内で学生生活を送り、大学生でレスリングに打ち込み始めた。就職先の宅地造成会社があった縁で横須賀に居を移すと、全日本大会で優勝するなど一流選手の仲間入り。すると柔道やレスリングの要素が交じった格闘技「サンボ」の連盟から、国技としているソ連に技術習得を目的に派遣された。祖父を射殺されたソ連には恨みがあったが、「礼儀正しい選手達でスポーツには関係ないと悟った」。コサックの経験や引揚時に培った脚力、背筋力に加え、関節技を武器に活躍、ロシア名の「ビクトル」は世界中に広まった。公式戦43戦無敗、4度の世界一は伝説となっている。

 ○…引退後は後輩の指導に尽力。長州力や初代タイガーマスク佐山聡など名を馳せた教え子も多い。30カ国以上世界を転戦した中でも「やっぱり一番好きで落ち着く」と話す横須賀には60年近く住んでいる。怒涛の人生を振り返って、「今はお酒を飲みながら、ゆっくり余生を楽しみたい」

横須賀版の人物風土記最新6

永井 竜也さん

「ベル」の名でラッパーとして活動する

永井 竜也さん

岩戸在住 18歳

10月18日号

おいかわ こうへいさん

三笠公園で開催する「スカジャン横須賀ROCK’N ROLLフェス」で代表を務める

おいかわ こうへいさん

小川町在住 62歳

10月11日号

早川 崇文さん

被災地支援を目的としたNPO法人「From Yokosuka」で代表を務める

早川 崇文さん

長沢在住 38歳

10月4日号

照道さん(吾妻 照代さん)

アートと書道を融合させた「笑道家」として活動する

照道さん(吾妻 照代さん)

久里浜在住 34歳

9月27日号

礒 絵里子さん

ヴァイオリニストで国内外で精力的に活動する

礒 絵里子さん

秋谷在住 

9月20日号

伊東 貴之さん

異業種交流団体、一般社団法人「BPS横須賀」で代表理事を務める

伊東 貴之さん

太田和在住 49歳

9月13日号

野坂 英八さん

創立60周年を迎えた三笠ビル商店街で理事長を務める

野坂 英八さん

野比在住 70歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク