横須賀版 掲載号:2017年7月28日号 エリアトップへ

北下浦観光協会 「友好の襷(たすき)」富岡市までリレー 市民ランナーが走る180Km

社会

掲載号:2017年7月28日号

  • LINE
  • hatena
富岡市までのタスキリレーに挑むメンバーら
富岡市までのタスキリレーに挑むメンバーら

 北下浦観光協会は7月29日(土)、横須賀市と友好都市関係にある群馬県富岡市までの総延長約181Kmをタスキで繋ぐリレーマラソンを実施する。市民ランナー約50人でチームを編成、昼夜を徹して走り続ける。30日(日)の早朝に富岡製糸場に到着予定。迎える富岡市側もセレモニーを用意している。

 「横須賀〜富岡友好襷(タスキ)リレー」と銘打って同観光協会が企画した。野比海岸で活動するジョキングサークル「横須賀しらとりランナーズ」のメンバーを中心に、公募で募った市民ランナーが”民間大使”となって富岡市を訪れる。

 横須賀市役所をスタートとする全67区間をランナーがタスキをかけて交代しながら走る。1人が担当する距離は約25Km。ウォークで参加する人もいる。チームの最年少は5歳、最高齢は77歳だという。

 今回、上地克明市長が揮毫した「愛」の文字の入ったタスキと親書を富岡市長に届けるという命も受けている。秋に公開が予定されている映画「紅い襷〜富岡製糸場物語〜」にちなんで深紅のタスキを用いる。

 しらとりランナーズは、友好都市をリレーマラソンで訪れる取り組みを過去に2回ほど行っている。1994年に倉渕村(現在の高崎市で自治体の消滅で友好都市を解消)、2009年には福島県会津若松市に向かい、ともに成功させている。

 実施責任者でしらとり代表の石井利冶さんは「一昨年秋に富岡市と友好都市が締結されてから企画を温めてきた。両市の懸け橋になれば」と意気込む。富岡市の市民ランナーグループに、タスキリレーで横須賀に訪れることも提案するという。

第1走者を上地市長

 28日の午前8時に横須賀市役所北口玄関前で出発セレモニーが開かれる。8時半の号砲を合図にスタート、第1区の特別ランナーを上地市長が務める。
 

横須賀版のトップニュース最新6

経済回復の起爆剤に

横須賀市

経済回復の起爆剤に 経済

「25%上乗せ」商品券販売

9月24日号

境内に「非常用トイレ」

西逸見町浄土寺

境内に「非常用トイレ」 社会

井戸水利用で災害時に対応

9月24日号

地域振興にアニメ活用

『スローループ』×YOKOSUKA

地域振興にアニメ活用 社会

ファンの来訪、聖地化に期待

9月17日号

端末持ち帰り不可

横須賀市公立小中

端末持ち帰り不可 教育

慎重姿勢の市教委

9月17日号

廃プラリサイクル工場開設

神明町

廃プラリサイクル工場開設 経済

国内最大級、稼働は来秋

9月10日号

19の公共施設を再編

横須賀市FMプラン

19の公共施設を再編 経済

青少年の家を一部廃止

9月10日号

上町商店街連合会

ワクチン接種キャンペーン実施中!特典サービス盛りだくさん!

https://www.yokosuka-oideyo.com/shoutengai-uwamachi.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook