横須賀版 掲載号:2017年7月28日号 エリアトップへ

北下浦観光協会 「友好の襷(たすき)」富岡市までリレー 市民ランナーが走る180Km

社会

掲載号:2017年7月28日号

  • LINE
  • hatena
富岡市までのタスキリレーに挑むメンバーら
富岡市までのタスキリレーに挑むメンバーら

 北下浦観光協会は7月29日(土)、横須賀市と友好都市関係にある群馬県富岡市までの総延長約181Kmをタスキで繋ぐリレーマラソンを実施する。市民ランナー約50人でチームを編成、昼夜を徹して走り続ける。30日(日)の早朝に富岡製糸場に到着予定。迎える富岡市側もセレモニーを用意している。

 「横須賀〜富岡友好襷(タスキ)リレー」と銘打って同観光協会が企画した。野比海岸で活動するジョキングサークル「横須賀しらとりランナーズ」のメンバーを中心に、公募で募った市民ランナーが”民間大使”となって富岡市を訪れる。

 横須賀市役所をスタートとする全67区間をランナーがタスキをかけて交代しながら走る。1人が担当する距離は約25Km。ウォークで参加する人もいる。チームの最年少は5歳、最高齢は77歳だという。

 今回、上地克明市長が揮毫した「愛」の文字の入ったタスキと親書を富岡市長に届けるという命も受けている。秋に公開が予定されている映画「紅い襷〜富岡製糸場物語〜」にちなんで深紅のタスキを用いる。

 しらとりランナーズは、友好都市をリレーマラソンで訪れる取り組みを過去に2回ほど行っている。1994年に倉渕村(現在の高崎市で自治体の消滅で友好都市を解消)、2009年には福島県会津若松市に向かい、ともに成功させている。

 実施責任者でしらとり代表の石井利冶さんは「一昨年秋に富岡市と友好都市が締結されてから企画を温めてきた。両市の懸け橋になれば」と意気込む。富岡市の市民ランナーグループに、タスキリレーで横須賀に訪れることも提案するという。

第1走者を上地市長

 28日の午前8時に横須賀市役所北口玄関前で出発セレモニーが開かれる。8時半の号砲を合図にスタート、第1区の特別ランナーを上地市長が務める。
 

横須賀版のトップニュース最新6

「新しい利用様式」そろり再開

市内公共施設

「新しい利用様式」そろり再開 社会

定員の上限や検温も

7月10日号

市民2千人に抗体検査

横須賀市

市民2千人に抗体検査 社会

新型コロナ感染傾向を把握

7月3日号

市との一体運用求める

千代ヶ崎砲台跡

市との一体運用求める 社会

戦跡所有の民間事業者

7月3日号

「造船のまち」 記録と記憶

浦賀

「造船のまち」 記録と記憶 社会

8ミリフィルム活用、映画制作

6月26日号

給食休止期間に弁当提供

給食休止期間に弁当提供 社会

夏休みに向け寄付活動

6月26日号

観光活性に重点予算

横須賀市

観光活性に重点予算 経済

「ソレイユの丘」リニューアルも

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク