横須賀版 掲載号:2017年7月28日号 エリアトップへ

北下浦観光協会 「友好の襷(たすき)」富岡市までリレー 市民ランナーが走る180Km

社会

掲載号:2017年7月28日号

  • LINE
  • hatena
富岡市までのタスキリレーに挑むメンバーら
富岡市までのタスキリレーに挑むメンバーら

 北下浦観光協会は7月29日(土)、横須賀市と友好都市関係にある群馬県富岡市までの総延長約181Kmをタスキで繋ぐリレーマラソンを実施する。市民ランナー約50人でチームを編成、昼夜を徹して走り続ける。30日(日)の早朝に富岡製糸場に到着予定。迎える富岡市側もセレモニーを用意している。

 「横須賀〜富岡友好襷(タスキ)リレー」と銘打って同観光協会が企画した。野比海岸で活動するジョキングサークル「横須賀しらとりランナーズ」のメンバーを中心に、公募で募った市民ランナーが”民間大使”となって富岡市を訪れる。

 横須賀市役所をスタートとする全67区間をランナーがタスキをかけて交代しながら走る。1人が担当する距離は約25Km。ウォークで参加する人もいる。チームの最年少は5歳、最高齢は77歳だという。

 今回、上地克明市長が揮毫した「愛」の文字の入ったタスキと親書を富岡市長に届けるという命も受けている。秋に公開が予定されている映画「紅い襷〜富岡製糸場物語〜」にちなんで深紅のタスキを用いる。

 しらとりランナーズは、友好都市をリレーマラソンで訪れる取り組みを過去に2回ほど行っている。1994年に倉渕村(現在の高崎市で自治体の消滅で友好都市を解消)、2009年には福島県会津若松市に向かい、ともに成功させている。

 実施責任者でしらとり代表の石井利冶さんは「一昨年秋に富岡市と友好都市が締結されてから企画を温めてきた。両市の懸け橋になれば」と意気込む。富岡市の市民ランナーグループに、タスキリレーで横須賀に訪れることも提案するという。

第1走者を上地市長

 28日の午前8時に横須賀市役所北口玄関前で出発セレモニーが開かれる。8時半の号砲を合図にスタート、第1区の特別ランナーを上地市長が務める。
 

横須賀版のトップニュース最新6

地場産たっぷり「のり段々」

追浜銀座通り商店会

地場産たっぷり「のり段々」 文化

あなごやアカモク具材に

10月18日号

運命はねのけた女の物語

市民劇団素倶楽夢

運命はねのけた女の物語 文化

娼婦から運動家になった浅葉わか

10月18日号

掴んだ悲願の初制覇

国体自転車

掴んだ悲願の初制覇 スポーツ

鴨居在住の高校生、大橋さん

10月11日号

低所得者の申請3割

プレミアム付商品券

低所得者の申請3割 経済

今月から使用開始も低調

10月11日号

生産者と商店街むすぶ大学生

生産者と商店街むすぶ大学生 経済

上町イベントで味噌汁販売

10月4日号

55年ぶりベスト4

三浦学苑硬式野球

55年ぶりベスト4 NEXT_野球

関東出場かけ5日に桐光学園戦

10月4日号

ロボットが商品お届け

楽天×西友

ロボットが商品お届け 経済

うみかぜ公園で実証実験

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク