横須賀版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

エグザイル2人と上地市長 「横須賀でライブやりたい」 ダンス&ヴォーカルグループEXILEのメンバーで、「横須賀盛り上げ大使」の橘ケンチさん=右=とEXILE TETSUYAさん=中央=が16日、上地克明市長とトークショーを行った。「音楽のまち横須賀」をスローガンに掲げる上地市長とエンターテインメントの可能性を語り合った。以下は当日の要旨(敬称略)。

文化

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

 ――横須賀出身の2人。地元のエピソードは?

 橘「TETSUYAとダンスグループを組んで、横須賀中央駅付近で深夜練習したのがいい思い出。ストリートで練習する場合、鏡や自分の姿が映る場所は他のグループとの争奪戦だった。平成町にあった『孔雀苑』という中華料理屋さんの窓だったり、さいか屋の近くだったり、毎晩のように集まって踊っていた」

 ――「横須賀盛り上げ大使」としてオリジナルダンスを作りましたね?

 TETSUYA「昨年、何校かの中学校の体育祭で踊っていたり、私たちもそれをムービーで見させてもらったりと、少しずつダンスが浸透しているように感じる」

 ――一般の方から寄せられた「横須賀を音楽で盛り上げる」ためのアイデアを紹介します。

野外フェスを開催

 橘「猿島で開催するのはどうか?」

 上地「島とはいえやはり、騒音の問題がある。とりわけ、ベース音などは響くので。しかし、私個人としては、ぜひやりたい」

 TETSUYA「大使になったからには、地元横須賀でライブするのが僕たちの夢」(会場から拍手)

ストリートで音を鳴らしたり踊ったりできる場所を増やす

 TETSUYA「最近はわからないが、僕らの時は決してウェルカムだったわけではなかった。ラジカセで音楽流すので、近隣の人からすればうるさく思われたりしたかもしれない。騒音が気にならない、かつ鏡がある場所があったらいい」

 上地「『街はどこでも小劇場』を公約として掲げている。検討したい」

横須賀出身の歌手をオーディションで選出

 上地「考えていた。バンドやダンスなど、どういう形になるかは決まっていないが、オーディションはやろうと思っている」

子どもたちが歌いたくなるような英語の曲を作る

 上地「英語には力を入れている」

 橘「小学生の時から周りの友達でも外国人がたくさんいた。この環境のおかげで、海外に興味を持つきっかけにもなった。横須賀で英語を押していくのは賛成」

港で船を使った音楽イベントを開催。プロジェクションマッピングなどで盛り上げる

 橘「まちおこしでやっているところもある。道後温泉では旅館にプロジェクションマッピングを施してPRするみたいな」

* * *

 最後は「横須賀ならではの自然や、ロケーションを活かした音楽イベントが開催できるといい」という意見でまとめられた。当日の模様は、FMヨコハマ(84・7)で3月25日(日)午後8時から、特別番組「横須賀音楽会議」で放送される。他にも、横須賀をテーマに楽曲を作った阿木燿子さんや、久里浜出身のピアノデュオ、レ・フレールの2人が上地市長と横須賀をテーマにトークを繰り広げる。
 

横須賀版のローカルニュース最新6

かつて存在した「富士講」

三浦半島ただひとりの先達

かつて存在した「富士講」 文化

10月18日号

横須賀から日本代表に声援

ラグビーW杯

横須賀から日本代表に声援 スポーツ

「PV」に2百人、トークショーも

10月18日号

ファインダー越しの京急愛

高校1年生倉田陽琉さん

ファインダー越しの京急愛 文化

津久井「ツバメ号」で写真展

10月18日号

五輪スカジャンお披露目

五輪スカジャンお披露目 文化

横須賀・ドブ板を世界へ

10月18日号

めくって知る今昔風景

めくって知る今昔風景 社会

くりはまカレンダー販売開始

10月18日号

高品質で人気の作業製品

高品質で人気の作業製品 教育

長瀬の刑務支所で「矯正展」

10月18日号

スカジャンでロック

スカジャンでロック 文化

三笠公園でフェス

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク