横須賀版 掲載号:2018年6月1日号
  • LINE
  • hatena

陸上の高校総体県予選5000mで大会新記録を更新して優勝した 内田 隼太さん 三春町在住 17歳

全国まで駆け抜けろ

 ○…陸上の高校総体県予選5000mで栄冠を掴んだ。大会記録を更新しての優勝だが「あくまで目標は全国。良いスタートが切れた」と冷静だ。今月の南関東大会で入賞すれば、全国への切符を手にすることができる。「高校最後の個人戦。悔いが残らないように」

 ○…小学1年から7年間、地元のサッカークラブチームに所属。そんなサッカー少年の心が陸上に動いたのは大津中2年の冬。自分の走る姿を見た陸上部の顧問から入部を強く勧められた。つま先から着地するフォームは陸上にもってこいの素質だった。最初は乗り気ではなかったが、みるみるタイムを更新。3年の夏、全国大会への出場を機に陸上一本に絞った。

 ○…高校は強豪・法政二高へ。自宅から高校までは片道約1時間半の道のり。朝5時半の電車に乗り7時から朝練習、授業後の部活を終えて帰ってくるのは夜8時ごろ―まさに”陸上漬け”の日々を送る。それでも「やめたいと思ったことはない。走っている時が何より楽しいから」とはつらつとした笑顔がまぶしい。「これまで挫折はほとんどない」と監督と口を揃える。それでも、唯一悔しさが残るのが昨年の同大会。記録から見れば全国大会出場は間違いなしと思われていたが、直前で体調を崩し、タイムはボロボロ。全く走れなかった。「今度こそ全国へ」―ただそれだけのために、日々の鍛練を欠かさない。

 ○…将来の夢を聞くも「今は目の前のことしか考えられない」ときっぱり。冬には高校駅伝も控え、チームのキャプテンにも任命された。これまでは自分の記録だけが全てだったが、3年となった今は違う。監督も「練習に向かう姿勢が変化。周囲を見るようになった」と評価する。個人戦、駅伝ともに全国へ―。大舞台まで一直線で突き進む。
 

横須賀版の人物風土記最新6件

一之瀬 幸生さん

パパママ支援団体「よこすかYOU+」代表を務める

一之瀬 幸生さん

1月18日号

佐藤 孝之さん

「国内全駅乗降制覇者」として田浦鉄道フェスタで講演を行う

佐藤 孝之さん

1月11日号

大黒 健司さん

横須賀青年会議所(横須賀JC)の第67代理事長に就いた

大黒 健司さん

1月4日号

椿 優衣さん

横須賀を中心に音楽活動をするシンガーソングライターの

椿 優衣さん

12月21日号

横須賀 ススムさん(望月 享)

今月17日に凱旋試合を行うプロレスラー

横須賀 ススムさん(望月 享)

12月14日号

椎名 純子さん

「ヨコスカママナビ」代表で今月8日に「ECOフェスティバル」を開催する

椎名 純子さん

12月7日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「平穏死」を迎える心構え

「平穏死」を迎える心構え

27日 本町でシンポジウム

1月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク