横須賀版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

長井「ブロ雅農園」代表で先月から農福連携事業を始めた 鈴木 雅智さん 長井在住 36歳

「農業はおもしろい」

 〇…直売所やイベントでの販売の目印はブロッコリーのイラスト。「ブロ雅農園」と名付けた由縁だ。就農3年目。両親と共に少量多品目の栽培を手掛けている。

 〇…長井で代々続く農家の長男。父親には「自由にしていい」と言われるも、背中を見て「いつしか自分も」と平塚農業初声分校に進学。もう少し学びたいという意欲が湧いたのと同時に、恩師の姿を見て「教える立場になりたい」と教員免許を取得するため、東京農業大学へ。祖父の「土が基本」との教えを胸に、これを体系的に学ぶ土壌学を専攻した。「夢を託されたような気持ちだった」。父親が農薬を減らした栽培を手掛けていたことから”環境保全型”の学びも深めた。

 〇…卒業してすぐ、母校で教鞭を執る機会に恵まれた。農家の後継者も少なくない環境だが、真っ先に思ったのが「生き物を育てるおもしろさを伝えたい」。生徒と共に学び、農業の楽しさを再確認できたが、10年間勤務して考えた次のステージは就農。「自分の色を出して挑戦したい」と、売り方や品目など試行錯誤しながら、体験の場も積極的に提供する。先月から農福連携を開始。生産者として、飲食店や消費者だけでなく、異業種とのつながりにも多くの可能性を感じている。

 〇…幼いころから絵を描くのが好きで、学生時代は美術部に所属。教員になってから農業経営に関する授業で「POPの重要性」を教えながら、作成したのが後にトレードマークになるブロッコリーだった。ディスプレイの野菜に顔を描くと、インパクトもあり近づいてもらえる。そんな小さな戦略も少しずつ”実”をつけている。4歳と9歳の娘も手伝いしながら、発見や学びの日々。「農業はおもしろい」―自らも楽しみ、発信し続ける。

横須賀版の人物風土記最新6件

松永 知史(ちふみ)さん

ソプラノ歌手で、10日に開催する「みんなで楽しむコンサート」を企画した

松永 知史(ちふみ)さん

8月10日号

今西 沙羅さん

高校文化部の祭典「全国高等学校総合文化祭」に作品が展示される

今西 沙羅さん

8月3日号

小松 亜矢子さん

長沢にあるコミュニティスペースで相談拠点「まちの保健室」を開いている

小松 亜矢子さん

7月20日号

小貝 実佑さん

スタンドアップパドル(SUP)競技で世界をめざす

小貝 実佑さん

7月13日号

松尾 康範さん

『居酒屋おやじがタイで平和を考える』を上梓した

松尾 康範さん

7月6日号

中谷 栄輝さん

俳優としてテレビドラマや舞台を中心に活動する

中谷 栄輝さん

6月29日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最強決める闘い

最強決める闘い

花の国で昆虫バトル

8月18日~8月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月10日号

お問い合わせ

外部リンク