横須賀版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

長井「ブロ雅農園」代表で先月から農福連携事業を始めた 鈴木 雅智さん 長井在住 36歳

「農業はおもしろい」

 〇…直売所やイベントでの販売の目印はブロッコリーのイラスト。「ブロ雅農園」と名付けた由縁だ。就農3年目。両親と共に少量多品目の栽培を手掛けている。

 〇…長井で代々続く農家の長男。父親には「自由にしていい」と言われるも、背中を見て「いつしか自分も」と平塚農業初声分校に進学。もう少し学びたいという意欲が湧いたのと同時に、恩師の姿を見て「教える立場になりたい」と教員免許を取得するため、東京農業大学へ。祖父の「土が基本」との教えを胸に、これを体系的に学ぶ土壌学を専攻した。「夢を託されたような気持ちだった」。父親が農薬を減らした栽培を手掛けていたことから”環境保全型”の学びも深めた。

 〇…卒業してすぐ、母校で教鞭を執る機会に恵まれた。農家の後継者も少なくない環境だが、真っ先に思ったのが「生き物を育てるおもしろさを伝えたい」。生徒と共に学び、農業の楽しさを再確認できたが、10年間勤務して考えた次のステージは就農。「自分の色を出して挑戦したい」と、売り方や品目など試行錯誤しながら、体験の場も積極的に提供する。先月から農福連携を開始。生産者として、飲食店や消費者だけでなく、異業種とのつながりにも多くの可能性を感じている。

 〇…幼いころから絵を描くのが好きで、学生時代は美術部に所属。教員になってから農業経営に関する授業で「POPの重要性」を教えながら、作成したのが後にトレードマークになるブロッコリーだった。ディスプレイの野菜に顔を描くと、インパクトもあり近づいてもらえる。そんな小さな戦略も少しずつ”実”をつけている。4歳と9歳の娘も手伝いしながら、発見や学びの日々。「農業はおもしろい」―自らも楽しみ、発信し続ける。

横須賀版の人物風土記最新6件

原 洋子さん

童話や唱歌などを大人数で歌う「NPO法人 さくらの会」の会長を務める

原 洋子さん

10月19日号

能城 輝心さん

ダンスのクランプ世界大会「EBS」ジュニア部門で2連覇を果たした

能城 輝心さん

10月12日号

斎藤 守也さん

兄弟ピアノデュオ「レ・フレール」のほか、ソロ・作曲活動を展開している

斎藤 守也さん

10月5日号

佐向 大さん

劇場公開となる映画『教誨師』の監督・脚本を手掛けた

佐向 大さん

9月28日号

八島 芳子さん

アームレスリングの世界チャンピオンで連盟の県理事長を務める

八島 芳子さん

9月21日号

横地 千仭(よこち ちひろ)さん

日本を代表する解剖学者でアナトミーアート手掛けるアーティスト

横地 千仭(よこち ちひろ)さん

9月14日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

海から眺める歴史遺産

海から眺める歴史遺産

「SUPツアー」モニター募集

10月27日~10月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク