横須賀版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

「街に音楽」活気呼び込む 官民連携で演奏活動支援

文化

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena
記者会見に集まった地元ゆかりのミュージシャンと同事業の関係者
記者会見に集まった地元ゆかりのミュージシャンと同事業の関係者

 「音楽にあふれた、ワクワクする街づくり」を標榜する横須賀市の上地克明市長は今月21日、商店街の一角や駅前の公共スペースを使って路上ライブなどのイベントを仕掛けていくことを発表した。民間事業者やアーティストと協力して市内の音楽活動を盛り上げる。専用のWEBサイトも立ち上げ、活躍の場を求めるアーティストと出演を依頼したいイベント主催者をつなぐマッチングなども行っていく。9月16日(日)にキックオフライブを横須賀中央〜ドブ板通り一帯で催す。

 「ヨコスカ街なかミュージック」と題した新規事業で、今月初旬に開いた若手音楽家を発掘するオーディションに続く上地市長の”エンタメ施策”の第2弾。人目に触れやすい場所で多彩なジャンルの生演奏を恒常的に行うことで、街に元気と活力を与えることを狙う。商店街などが主催するイベントや集客施設と連携しながら、月に2回程度ライブを実施していく計画。今年度は横須賀中央と衣笠で展開し、順次対象エリアを広げる。

 21日に開かれた記者会見には、地元ゆかりのアーティスト、ミュージシャンと同事業を盛り立てる関係者が一堂に顔を揃えた。ハイランド出身のプロジャズドラマー、力武誠さんは「発信の場を得られることに喜びを感じている。音楽が街中で鳴り響いていたかつての横須賀を呼び戻したい」とコメント。ミセス ガラナのユニット名で活動するギタリストのTetsuさんは「音楽家は個の活動が中心になりがち。上地市長の考えに賛同するとともに新しい環境を歓迎する。この取り組みを横須賀全域に広げたい」と期待を話した。

音楽情報を一元発信

 横須賀の音楽をキーワードとした情報を一元化して発信する「よこすか街なかミュージックWEBサイト」(【URL】http://music.etm-yksk.jp/)も開設された。

 プロ・アマを問わず、アーティストが自らの活動やライブの出演情報を発信できるほか、イベントの主催者などが出演してくれるアーティストを探せる機能などを持っている。

横須賀版のトップニュース最新6

移動スーパー 安否も確認

田浦中央食品

移動スーパー 安否も確認 社会

横須賀市と「地域見守り協定」

10月22日号

新聞を教材に活用

上町アンガージュマン

新聞を教材に活用 教育

NPOとして初の「NIE」認定

10月22日号

“娯楽の殿堂”で再開

さいか屋南館

“娯楽の殿堂”で再開 経済

eスポーツやカラオケ軸に

10月15日号

抗体カクテル療法を開始

横須賀市医師会

抗体カクテル療法を開始 社会

新型コロナの自宅療養者に

10月15日号

商店街に出張美術館

衣笠

商店街に出張美術館 文化

空き店舗活用で谷内作品

10月8日号

ICT教育施設「スカピア」開設

ICT教育施設「スカピア」開設 経済

学童保育や地域交流拠点

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook