横須賀版 掲載号:2018年10月12日号 エリアトップへ

ダンスのクランプ世界大会「EBS」ジュニア部門で2連覇を果たした 能城 輝心さん 公郷中学校3年生

掲載号:2018年10月12日号

  • LINE
  • hatena

楽しむ純な心で世界を魅了

 ○…表情にあどけなさがまだ残る、おとなしい印象の中学生。まさか世界を相手に、ダンスパフォーマンス「クランプ」の頂点に2度も輝いた猛者だとは、想像もつかない。「前回優勝した時の方が嬉しかった」。思春期で恥ずかしさもあるのだろうか、嬉しさを抑え、王者らしくクールに質問をかわす。

 ○…日本ではエグザイルのブレイクをきっかけに、近年知名度を上げている「クランプ」。足を地に踏みつけ、胸を突き出し、腕を振り下ろす動作を基本とし、攻撃的な激しさが特徴のダンスだ。その魅力に惹き込まれたのは幼稚園の頃。あこがれのダンサーさんが踊るネット動画を見て以来、「かっこいい、僕もやってみたい」と親に訴え続け、中目黒にあるスタジオへ小学2年生から通い始めた。今では師匠にあたる日本クランプ界の第一人者・ツイッグスファミリーの一員として大人に交じり、八王子や赤羽のスタジオへもほぼ毎日通うほど入れ込んでいる。

 ○…言葉数は少ないながらも、クランプを愛する気持ちは一途。高校受験を控え、進路がまだはっきりしないが、「ダンスにもっと専念できる高校に行きたい」と、人生の道はすでに見つかっているようだ。生活の一部となったクランプは、パフォーマンスを上手く決められて観客を盛り上げられたときに楽しさを感じるのだとか。

 ○…目下の目標は12月、世界的にも高レベルな国内大会での優勝。だが勝負にこだわるよりも、まずは「楽しみたい」という気持ちが強い。この純粋な気持ちが観客を魅了しているのかもしれない。いずれは生まれ育った横須賀の地でクランプの正しい知識や楽しさを広めるワークショップを開くことも夢見る。原石は今まさに輝き始めたばかりだ。

横須賀版の人物風土記最新6

佐藤 智子さん

「よこすかひとり親サポーターズ・ひまわり」代表で食料支援プロジェクトをスタートした

佐藤 智子さん

安浦町在住 47歳

3月5日号

比護 匠さん

コンガ・パーカッション奏者で市内外でライブを行う

比護 匠さん

阿部倉在住 18歳

2月26日号

土川 憲弥(けんみ)さん

浄楽寺副住職で「大地の再生」プロジェクトに取り組む

土川 憲弥(けんみ)さん

芦名在住 35歳

2月19日号

内藤 聡介さん

キューバのありのままの姿を題材にした写真展を開く

内藤 聡介さん

三春町在住 40歳

2月12日号

原 良一さん

津久井浜海岸でSUPマラソンレースを企画した

原 良一さん

長沢在住 58歳

2月5日号

岡山 奈央さん

全日本高校デザイン・イラスト展で内閣総理大臣賞(全国1位)を受賞した

岡山 奈央さん

港が丘在住 18歳

1月29日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク