横須賀版 掲載号:2018年10月19日号
  • LINE
  • hatena

くりはま花の国 アートなボルダリング 高さ4mの岩壁設置

スポーツ

 2020年の東京五輪正式種目になっているスポーツクライミングの一種「ボルダリング」の施設=写真=が今月13日、神明町のくりはま花の国にオープンした。

 難易度別に色分けされた石を掴んで登っていくボルダリング。施設は高さ3・85m、幅5・5m×3mで、岩を模した形状が特徴。設計施工した有限会社ホッチホールド(東京都東大和市)の堀地清次取締役は「ルートは全部で約30種類あり、上級者から初心者まで楽しめる。屋外にあるため気軽に利用できる」と話した。ボルダリング施設は室内の壁に設置するのが一般的で、屋外型は首都圏では珍しいという。

 オープン初日から多くの家族連れで賑わった。米海軍基地内に住むエライジャ・ランデルくん(5歳)は「難しい箇所もあったが、楽しかった。また遊びたい」と話した。

 利用料は1時間500円。小学1年生以上が対象でクライミング用の靴もレンタルできる。

 問い合わせは同公園【電話】046・833・8282

横須賀版のローカルニュース最新6件

「平成町」名称はこう決まった。

失敗の「語り部」になる

W杯前に機運を盛り上げ

新天地で飛躍誓う

田浦町出身大高さん

新天地で飛躍誓う

1月18日号

身清める寒中水行

佐原慈眼院

身清める寒中水行

1月18日号

認知症予防に鍼灸

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「平穏死」を迎える心構え

「平穏死」を迎える心構え

27日 本町でシンポジウム

1月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク