横須賀版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

京浜急行沿線のまちづくりに焦点をあてた「京急沿線の近現代史」を刊行した 小堀 聡さん 大津町出身 39歳

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena

”中途半端”こそ横須賀の魅力

 ○…京浜急行電鉄120年の沿線史を1冊にまとめた。車輛のカラーを模した表紙は鉄道ファン向けかと思わせるが「幅広い方に読んでほしい」と微笑む。沿線各地の経済発展や生活を、京急電鉄を時に主役に、時に脇役にしながら書き上げた。

 ○…大津中から横須賀高校へ。京都大学、大阪大学大学院へと進み、卒業後は名古屋大学大学院で経済学の准教授として勤務する。研究者としての原点は高校3年の時、通っていた予備校の日本史の先生との出会いだ。政治や文化、歴史的事象には経済的な動きが影響を与えている、という考え方を知り「自分が学びたいのは経済史だ」と道を決めた。同書のような書き下ろしは初めてだが「私が学生の時によく足を運んでいた地元の大津書房という数坪しかない書店の存在を、企画者の方が知っていたことに運命を感じて」執筆を決めた。

 ○…「生まれ故郷について書くのは、さすがに力が入った」20世紀末を挟み人口減少に転じた横須賀の閉塞感や、砂浜の消えた馬堀海岸と残る逗子海岸の比較など、この地で育っているからこその視点も随所に散りばめられている。「18年間過ごしてきて抱いた疑問や違和感に対して、ひとまずの答えが出せた」と晴れやかだ。

 ○…「横須賀は、都心(中心)と地方(周辺)の間”半周辺”に位置している。この地域では、社会的に新たな価値観が生み出されやすい」。1955年に「三浦半島自然保護の会」が設立されたのもその一つ。開発がすすむ中、自然を残そうと団体が立ち上がったのは三浦半島ならではの動きであり、当時は画期的だった。「”中途半端”こそが魅力。今後さらに変化があるまち」と故郷の未来に期待を寄せる。「できるなら30年後の沿線の姿もまた書いてみたい」

横須賀版の人物風土記最新6

田中 清夏(さやか)さん

「パパママ夏祭り」を開催する実行委員会で委員長を務める

田中 清夏(さやか)さん

鷹取在住 36歳

7月19日号

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

福島 浩幸さん

2000年代の横須賀のライブハウスシーンをまとめた『横須賀 俺たちの時代』を手掛けた

福島 浩幸さん

公郷町在住 34歳

6月28日号

中川 茂さん

岩戸中特別支援学級の卒業生でつくる「そよかぜバンド」を立ち上げた

中川 茂さん

三春町在住 64歳

6月21日号

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パパママの夏休み

パパママの夏休み

20日、ドブ板周辺でイベント

7月20日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク