横須賀版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

猿島観光もっと快適に 三笠桟橋前にビジターセンター

社会

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena
建物のイメージ((株)トライアングル提供)
建物のイメージ((株)トライアングル提供)

 横須賀市は、京浜急行電鉄(株)・(株)トライアングルと連携し、猿島渡航のチケット販売や待合室、観光情報を発信する機能を持たせたビジターセンターを設置する。年々増加する観光客の快適性向上を目指すとともに、周辺エリアの観光の拠点にしたい考え。場所は三笠桟橋の目の前で、2020年4月の開所を予定している。

 建造予定地は京急電鉄が所有する約400平方メートルの土地で、名称は(仮称)猿島ビジターセンター。設置の背景となったのが猿島渡航者の増加。2014年度は約10万だった来島者は、昨年度は20万人超を記録。4年間で約2倍にまで推移している。要因としては国史跡への指定や日本遺産への認定、昨年初めて開催された音楽イベントなどがあげられる。その一方で現在、渡航者は雨天時や夏の酷暑の中でも、屋外でのチケット購入や乗船待機を余儀なくされている。さらに周辺エリアでは旧三笠駐車場用地への新規ホテル建設が予定されているほか、第二海堡クルーズの実施などを控え観光需要の更なる高まりが予想される。こうした状況を受け市は、チケットの発売所や待合室の機能を備えたビジターセンターを設置し、観光客のおもてなし環境を整備したい考えだ。

民間と3者で連携

 ビジターセンターの整備・運営は横須賀市と、土地を所有する京浜急行電鉄(株)、猿島航路を運航する(株)トライアングルの3者が役割を分担して行っていく。京急電鉄は建物用地の貸付、猿島・三笠公園と観音崎エリア間の誘客促進を受け持ち、トライアングルは同センターの建物の整備と運営を担う。横須賀市は周辺環境の整備と展示物の設置を担当。観光バスやタクシー等の乗降場所として、三笠公園駐車場内の同センターに隣接する一部を活用する。これに伴い、今年度中に名称を「猿島公園駐車場」と変更する。またセンター内に、日本遺産構成文化財を含む市内の観光情報を紹介する展示コーナーを設置。制作費用を市が負担する。3者が連携することで、猿島、三笠公園周辺エリア全体の活性化を図っていく。

横須賀版のトップニュース最新6

地場産たっぷり「のり段々」

追浜銀座通り商店会

地場産たっぷり「のり段々」 文化

あなごやアカモク具材に

10月18日号

運命はねのけた女の物語

市民劇団素倶楽夢

運命はねのけた女の物語 文化

娼婦から運動家になった浅葉わか

10月18日号

掴んだ悲願の初制覇

国体自転車

掴んだ悲願の初制覇 スポーツ

鴨居在住の高校生、大橋さん

10月11日号

低所得者の申請3割

プレミアム付商品券

低所得者の申請3割 経済

今月から使用開始も低調

10月11日号

生産者と商店街むすぶ大学生

生産者と商店街むすぶ大学生 経済

上町イベントで味噌汁販売

10月4日号

55年ぶりベスト4

三浦学苑硬式野球

55年ぶりベスト4 NEXT_野球

関東出場かけ5日に桐光学園戦

10月4日号

ロボットが商品お届け

楽天×西友

ロボットが商品お届け 経済

うみかぜ公園で実証実験

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク