横須賀版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

横須賀開国史研究会20周年の記念講演会で登壇する 齋藤 純さん 72歳

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

歴史を知り、絆を深めて

 ○…横須賀を中心に、幕末から明治初期にかけての三浦半島に関する歴史の掘りおこしと研究を行っている「横須賀開国史研究会」。創立20周年を記念した講演会で研究発表を行う。「横須賀、特に浦賀は日本の歴史の中で重要な役目を果たしてきた場所。だが世間一般ではほんの一部の史料でしか歴史が語られておらず、驚くとともに研究を進めることは大変価値があると感じた」と語る。

 ○…東京都出身。高校時代は文学少年で、近代文学に触れていく中で日本人の特有の気質に気付く。より深く理解しようと近世史を学び、傾倒していくようになった。横須賀との繋がりは、大学の後輩で、現在開国史研究会会長を務める山本詔一さんから誘いを受け、およそ40年前に浦賀に転居してきたことから始まった。「海のない場所で生まれ育ったので、憧れがあったのかな」。10年以上横須賀に住み続け、県外に移住した今も、山本さんからの依頼で研究会の特別研究員として浦賀へ毎週足を運んでいる。

 ○…登壇する講演会のテーマは「浦賀奉行所の明治維新」。奉行や与力として勤め、維新を機に奉行所をおわれた旧幕臣の知られざるその後の足跡を文献から読み解く。「勝者の歴史だけでなく、多面性を考えないと社会全体に正しく向き合えない。この講座がその目を養うきっかけになれば」

 ○…10年前にはこの研究会で活動する中で、ペリー来航を詠った風刺狂歌が黒船来航直後に誕生したものであると記載された文献を偶然発見し、世間から浦賀が再注目された。「郷土の歴史を学び、見つめなおすことで人々の結びつきを強め、新たな繋がりが生まれるのでは。そのために多角的にきちんとした歴史研究をし、広く議論がなされる基礎を作りたい」と探求心を見せた。

横須賀版の人物風土記最新6

中川 茂さん

岩戸中特別支援学級の卒業生でつくる「そよかぜバンド」を立ち上げた

中川 茂さん

三春町在住 64歳

6月21日号

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

佐久間 眞知子さん

国際ソロプチミスト横須賀の会長を務める

佐久間 眞知子さん

三春町在住 74歳

5月17日号

小林 眞由美さん

逸見地区を盛り上げる有志グループ「おゆきの会」会長の

小林 眞由美さん

小矢部在住 61歳

4月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

演奏聴いてニジェール支援

演奏聴いてニジェール支援

7/7(日) 地球堂で慈善コンサート

7月7日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク