横須賀版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

この夏に関東大会を始めとする水泳大会で新記録を連発した 松原 光佑さん 池田町在住 大津中3年生

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena

力まず越えた「25秒」の壁

 ○…横須賀の中学水泳界でドラマが起きた。今月3日の三浦半島地区大会50m自由形を目標とした25秒以内で泳ぎ切り、大会新記録をたたき出した。関東大会でも大会新を記録して優勝し、他にも個人や加わったチーム戦で前例のない好タイムを次々と樹立。レース前は震えるほど緊張していたものの、「自信はなかったけど、無心になって全力で泳ぎ切った」。夏休み前には考えられないほど多くの賞状やメダルを前に並べ、晴れ晴れとした笑みを浮かべる。

 ○…50mや100mといった短距離戦を得意とする。顧問からは「背中の使い方が上手で、腕で水を掻き分けて進む距離が人一倍長い」と評価される。だが体格に恵まれているわけではなく、時に部活をサボって友だちと遊んでいたところを先生に目撃され怒られるなど、ストイックに練習に打ち込むタイプでもない。そんな普通な中学生がこの夏、自他共に驚くほどの急成長を遂げた。

 ○…健康のためにと親の勧めで兄と共に、3歳から市内の水泳クラブに通い始めた。真面目に練習に取り組んできたが本番では緊張しやすい性格も影響し、良い成績をなかなか残せずに伸び悩んできた。中学1年生の時に退会したが、「心残りがあったから」と、部活だけは続けた。その後はとにかく楽しんでのびのび泳ぐことへ意識を換えた。こうした肩の力の抜き具合が奏功した。快進撃を続ける姿が同級生や後輩も勢いづかせ、チーム戦の好成績へと繋げた。

 ○…部活最後の大会となった24日の市中学総体でも新記録をマーク。中学校生活で有終の美を飾った。周りからは期待の声が挙がる中、「進学先でも水泳を続けるか」の問いにまだ口籠る。良いキリと収めるか、始まりとするか、今後の進路に注目が集まる。

横須賀版の人物風土記最新6

石井 健次さん

横須賀市産業振興財団の職員として、起業・創業支援の事業を手掛ける

石井 健次さん

市内在勤 41歳

12月3日号

漆山 晃(ひかる)さん

「相模のとらふぐ」のブランド化を推進する漁師グループで会長を務める

漆山 晃(ひかる)さん

長井在住 50歳

11月26日号

荒井 一穂さん

クラシックギタリストで11月28日にソロリサイタルを行う

荒井 一穂さん

野比出身 30歳

11月19日号

北見 雅則さん

ご当地カクテル「横須賀ブラジャー」が10周年を迎えた若松新生商業組合長の

北見 雅則さん

市内在勤 67歳

11月12日号

相澤 勉さん

令和3年度優良PTA文部科学大臣表彰を受けた鴨居中学校PTAで会長を務める

相澤 勉さん

東浦賀在住 38歳

11月5日号

戸井田 雄さん

現代美術作家で熱海市まちおこしのキーマンとして活動する

戸井田 雄さん

東逸見町出身 38歳

10月29日号

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook