横須賀版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

自作カヌーのファンイベントを手掛ける 豊岡 誠司さん 横須賀市内在勤 54歳

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

遊び心でつなぐ文化

 ○…南伊豆の山から切り出された1トンもあるセコイアの大木から、アウトリガー・カヌーを仲間とともに作っている。今年3月からチェーンソーやノコを駆使して形を整え、防水塗装作業も一段落。あす、11月2日に三浦市の矢作海岸で進水式を行う予定だ。「まだ完成ではないが、ようやくここまで来ました」と充実した表情で語る。

 ○…ウインドサーフィンを会社員になってから始め、自然の力を全身で感じるスポーツの魅力を知った。30代のころは、津久井浜海岸に通ったという。その後、カヌーでの川下りやスノーカイト、スタンド・アップ・パドルボード(SUP)などに熱中すると、カヤックと帆を組み合わせ、カイトを制作し、SUPボードを木材から組み立てた。こうした”作品”は多岐にわたる。「普段は比較的固い仕事。自然を舞台に遊ぶことが何よりの気分転換です」

 ○…ウッドカヤックを制作している人と知り合い、衝撃を受けた。「自分でも作りたい」。横須賀市内の事業所に勤めるかたわら、鎌倉の工房に4カ月間通い、試行錯誤しながら完成させた。「新しい発見の連続だった。海に出たときの感動は忘れられない」。今でも、そのカヤックは愛用しているという。

 ○…2007年から木製ボート愛好者が集まる「WBBM」Wooden Boat Builders Meeting)に参加。2年前からは主催者として毎年春と秋、矢作海岸で、会員同士の交流や情報交換、ボートを自作する素晴らしさを伝えている。「ポリネシアの文化を継承するとか、高尚なことは考えていない。面白いから続けられる」と笑うが、楽しさを追求するその姿勢こそ、文化を次世代に繋ぐきっかけになる。遊び心を胸に、古来からの営みを自然体で継承していく。

神奈県立保健福祉大学(平成町)

シニア世代の地域活動参加と健康づくりをテーマにした「生涯現役フォーラム」

https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/3130/suisin/forum.html

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6

倉田 陽琉(ひかる)さん

写真作品展「『ぼくのKEIKYU』展」を開いている

倉田 陽琉(ひかる)さん

安浦町在住 16歳

1月24日号

森田 佳重(よしえ)さん

母子保健推進会議会長表彰に選ばれた

森田 佳重(よしえ)さん

横須賀市こども健康課勤務 58歳

1月17日号

齋藤 順也さん

(公社)横須賀青年会議所の理事長に就任した

齋藤 順也さん

久里浜在住 39歳

1月10日号

遠藤 雄介さん(芸名:ハッピー遠藤)

仮面ライダーの最新作で、主人公の“ギャグ指導”を担当している芸人

遠藤 雄介さん(芸名:ハッピー遠藤)

野比在住 27歳

12月20日号

武政 祐(たすく)さん

学生向けキャリア教育事業を手掛ける「NPO法人アスリード」を立ち上げた

武政 祐(たすく)さん

平作在住 32歳

12月13日号

江口 健介さん

横須賀でSDGsの普及活動を主導する

江口 健介さん

湘南鷹取出身 31歳

12月6日号

鈴木 浩さん

株式会社「鈴直」代表取締役、県の卓越技能者に選ばれた

鈴木 浩さん

東逸見町在住 60歳

11月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「努力を続ける方法論」

「努力を続ける方法論」

弁護士の山口真由氏が講演

2月17日~2月17日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク