横須賀版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

聖ヨゼフ病院新棟完成 機能移転で既存棟解体へ 戦前の建築、凹曲面が特徴 

文化

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
谷戸の湾曲した地形に沿って設計
谷戸の湾曲した地形に沿って設計

 緑が丘の聖ヨゼフ病院は、来月24日から新棟での診察を開始する。これに際し、現在の本館は今夏をめどに解体する見込み。前身は旧日本海軍が手掛けた横須賀海仁会病院の建物で凹曲面が特徴。戦前の病院建築として貴重なものとなっており、専門家からは、解体前に見学会等を求める声が上がっている。

 社会福祉法人聖テレジア会が運営する聖ヨゼフ病院は、築80年が経過し老朽化などを理由に、本館の機能を敷地内に建設した新棟に移す。新病院は6階建て、延べ床面積は現在の本館と同規模の約8千平方メートル。2018年4月に本体工事に着手。間もなく完成し、来月24日(火)から新棟での診察を開始する。

モダン建築として評価

 同院の前身は、1939年に旧日本海軍が軍人とその家族向けに創設した「横須賀海仁会病院」。45年の敗戦と同時に、米海軍に接収され、当時の米海軍横須賀基地司令官デッカー大佐が一般市民に開放することを決定。46年に現在の聖ヨゼフ病院として開院し、現在に至る。

 建物は、モダニズム建築の代表作といわれる東京・日本橋の白木屋を手掛けた石本喜久治氏の設計。湾曲した敷地に合わせた凹曲面が特徴で、2013年には、建築作品として歴史的価値や造形美が評価されるDOCOMOMO Japan「日本におけるモダン・ムーブメントの建築 164選」に選定されている。

見学会求める声

 本館は、新棟に機能を移転後、夏ごろをめどに解体する予定で、病院利用者の駐車場スペースとして活用するという。

 横須賀市内の建物を研究する市民団体「横須賀建築探偵団」の富澤喜美枝代表は「当時としては最先端のデザインで、価値ある建物。街の象徴的な建造物として、思い入れのある人も多いと思う。解体前に見学会等を開いてほしい」と話す。

 同院によると、今のところ見学会などは予定していないが、外観については撮影の申し入れがあった場合、受け入れているという。

家族葬専用ホール「エニシア」

お客様のご要望に合わせて様々な家族葬をご提案致します

http://www.tatsuwaka-sougi.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

背負うは武次郎義国

横須賀ジーンズ商会

背負うは武次郎義国 文化

墨絵刺繍の新スカジャン

3月27日号

養育費不払い「許さない」

横須賀市

養育費不払い「許さない」 社会

ひとり親世帯の支援事業

3月27日号

地域の「困りごと」 専門窓口へ

横須賀市

地域の「困りごと」 専門窓口へ 社会

田浦に続き浦賀でモデル実施

3月20日号

商店が地域の主役

横須賀商工会議所

商店が地域の主役 経済

空き店舗で「集いの場」づくり

3月20日号

夢を叶える秘密基地

汐入町

夢を叶える秘密基地 社会

若者が集うシェア施設

3月13日号

コロナに負けるな

コロナに負けるな 社会

知恵絞り「やれること」各所で

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク