横須賀版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

「按針のまち逸見を愛する会」で会長を務める 加藤 孝子さん 吉倉在住 84歳

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena

届いて 按針愛を全国へ

 ○…徳川家の祖・家康に異国人の身で仕え、江戸幕府の礎づくりへ多大に尽力した三浦按針。彼の所領だった逸見地区からその功績を称えて後世に伝え、地域活性に繋げようと活動する「按針のまち逸見を愛する会」。周りから推されて代表者となった。「元気が取り柄だが今さら役を受ける歳ではない。私よりも適任な方はいたはずなのに」と恐縮する。

 ○…会の活動は按針の生涯や逸見周辺の観光スポットをまとめた冊子作りや地域住民と連携してイベントを行うなど、いずれも歴史と地域がテーマ。按針に縁ある横須賀市他3市と連携して進めている、NHK大河ドラマ誘致活動にも積極的に携わっている。こうして10年以上続けてきた活動の中、今一つの転換点を迎えようとしている。それは会の名称変更。「会員は県外にも多い。名称を逸見に特定しない方がより多くの方に共感していただけるのでは」と、活動の輪を広げるべく目下議論の最中だ。

 ○…生まれも育ちも吉倉。幼少期から安針塚へ度々足を運び、祭りも大好きだった。「吉倉は昔から賑やかで住民同士仲の良い街」。逸見小、湘南女子学園(現・湘南学院)中・高校、京浜女子(現・鎌倉女子)短期大学を経て、後に自治大臣となる故・田川誠一氏と共に地域活動や政治研究を行ってきた。以来半世紀以上町内会や防火クラブといった数多の地域活動に携わるなど、地域を牽引してきた。

 ○…今も昔も近所から相談事を持ちかけられることは多いそうだ。きっと面倒見と人の良さゆえだろう。9月でまた一つ歳を重ねるが、大河ドラマ誘致へ「これまで皆で積み上げてきたものを消さないよう、繋げていきたい」と情熱は健在。まだまだ引退は出来そうにない。

横須賀版の人物風土記最新6

鬼丸 凜太郎さん

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する

鬼丸 凜太郎さん

西逸見町在住 三浦学苑高2年

4月16日号

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

高堂 翔さん

昭和歌謡からJポップ、演歌をレパートリーに歌まねアーティストとして活動する

高堂 翔さん

馬堀町在住 25歳

3月19日号

石田 忠さん

「横須賀ギターアンサンブル」代表でウェルシティ市民プラザでコンサートを開く

石田 忠さん

衣笠栄町在住 68歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter