横須賀版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

チョークアーティストとして活動。世界規模のコンテストにも出品を続ける 大川内 隆雅さん 根岸町在住 30歳

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena

チョークに感情込める

 ○…プロを名乗るチョークアーティストだ。カフェやレストランのメニューボードに使われる看板アートを起源とする芸術表現で才能を発揮している。本格的に学び始めてわずか3年。イギリス・ロンドンやアブダビ共和国で開かれている作品展に出展しているほか、依頼があれば結婚式のウエルカムボードや似顔絵などのオーダーにも応える。”見せて魅せる”ライブペイントも精力的に展開。多彩な領域でアクティブな活動を繰り広げている。

 ○…オイルパステルと呼ばれる油分を含んだチョークを操って作品を生み出していく。何色も色を重ね、指でこすりながら陰影をつけていく。独特の立体感とハンドメイドの温かさ、親しみやすさが最大の魅力。「パンであればふっくらとした質感まで表現。人物なら感情も込められる」 

 ○…20代の半ばまでアートや美術とは無縁の世界で生きてきた。「絵を描くことが苦手だと思い込んでおり、避けてきたくらい」。今から3年前、カフェを開業するにあたり「どうせなら自分で看板を作製してみよう」と一念発起。たまたま目を引いたのがチョークアートだった。観察力には自信があり、「見たもの忠実に再現すればいい」と開眼。可能性の扉が開くのを感じた。

 ○…誰かに見られている、というスリリングな感覚を求めてライブペイントを行っている。和太鼓奏者とコラボした経験もある。「太鼓の『ドン』という一音を聞いた瞬間に予定調和が崩され、まったく意図していない作品が完成した」。新しい表現の道を拓こうとチャレンジ精神旺盛だ。普段は大津にあるカフェバーを一人で切り盛り。静かな時間を過ごしている。「カフェは適職。チョークアートは天職と思っている」

横須賀版の人物風土記最新6

佐藤 智子さん

「よこすかひとり親サポーターズ・ひまわり」代表で食料支援プロジェクトをスタートした

佐藤 智子さん

安浦町在住 47歳

3月5日号

比護 匠さん

コンガ・パーカッション奏者で市内外でライブを行う

比護 匠さん

阿部倉在住 18歳

2月26日号

土川 憲弥(けんみ)さん

浄楽寺副住職で「大地の再生」プロジェクトに取り組む

土川 憲弥(けんみ)さん

芦名在住 35歳

2月19日号

内藤 聡介さん

キューバのありのままの姿を題材にした写真展を開く

内藤 聡介さん

三春町在住 40歳

2月12日号

原 良一さん

津久井浜海岸でSUPマラソンレースを企画した

原 良一さん

長沢在住 58歳

2月5日号

岡山 奈央さん

全日本高校デザイン・イラスト展で内閣総理大臣賞(全国1位)を受賞した

岡山 奈央さん

港が丘在住 18歳

1月29日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク